〜トラウマのしっぽ〜

バッチフラワーレメディーの経過を綴っています。幾重にも塗り重ねられたドロを、お花のエネルギーで浄化して、持って生まれた魂の本質にもどりたい。生きやすさを感じられるように。

心を休ませたい

フラワーレメディー「ホリー」9日目。
夢の中で、流れていた曲♪

いい日旅立ち 山口百恵
夢を見て、泣きながら目を覚ました。



先ほどYouTubeで聴いていたら、ポロポロポロポロ大粒の涙が溢れてきて止まらなくなった。
そしてまた、母を思いだす。



憎しみなんか捨ててしまえ!
そう思った。
ありがとうの言葉では薄っぺらすぎる。
愛し、愛されてた、その記憶の重みを今になって知った。
若かりし日の母は、何を思い、何を考え、何を夢見て生きていたのだろうと、そこに想いを馳せる。



私が幼かった頃、母はどんな気持ちでいたのか…
もしも私に子供がいれば、その辺りの察しがつくのかな?
実際(子供)居ないのだから、死ぬまで「母」にはなれないうえに気持ちも分からないだろう。



いい日旅立ち」を聴きながら思った。
今度生まれ変わったら、母に、母から貰った愛を返そうと。
来生は親子関係じゃないかもしれないけれど、それでもきっと魂は今世を憶えているだろうと想定して。



いっぱいいっぱい色んな思いをしてきたけれど、今はこう思う。
私は、母を、愛してた。
母は、私を、愛してくれていた(と、思う)。
だからこそ、ありがとうとか、感謝とか、そんな言葉では薄っぺらすぎて言いたくない。
もっともっと「深くて濃いもの」のような気がしてならない。



今まで悩んだり考えたり(親子関係で)、負の感情を持っていたりで、あまりにも心を使いすぎて心が疲れてる。
頭を使えば脳疲労を起こすように、心を使いすぎた、笑。



今したいことは、心を休めること。
一旦ここらで心の休息をとって、次に進みたい。

「愛」があったから…

何故か分からないけれど、泣けてきます。
涙が止まらない。



そのうち気づきました。
これはフラワーレメディー「ホリー」の反応だと。



やたらと母のことを思いだし、涙が止まらないその訳が分かりました。
結論から言うと、それも愛だったんだと…



私には、どうしても納得できない思いがありました(ここでは割愛します)。
納得できないし本意ではないけれど、やむ終えず「合わせて」きたという犠牲になった気持ちがずっとあったのだけど、「自分を犠牲にしてまでも、守りたかった」んだなってことに気づけなかったんだよね。



母が、「守りたがっているものを、守ってあげたい」という気持ちが、私の中にあったんですよね。
そこまでして守りたがっているのに、私がソレをブチ壊すなんて出来なかったのよ。
いやいや、私は壊れてしまえば良いのにって思ってましたよ、けれど母が何としてでも守りたいと思っているのに、私には壊すこと出来ないよ。
だから、私は苦しかったし納得できないでいたのよね。



でも、母が何としてでも「守りたがっているモノを」、私も一緒に守ってあげようと協力的行為をしてたのは、私なりの、私に出来る範囲内での、母への「愛」があったからなんだと気付いてさ…



そこに気付いたら、なんか涙が止まらなくなった。
大事な人が、守りたがっているのだから、私は「嫌だけど」仕方ないから「いいよ。一緒に守ってあげる」って、考えたらソレも一種の「愛」だったんだと…



深い愛がなければ、そこまで思わないだろうなって思ったの。
私たち母娘も色々な思いをしてきたけれど、母は私を、私は母を、互いに同じ思いだったのかな?って考えると、なんで互いに思い合っているのに噛み合ってなかったの?って思うと、それは互いが誤解してたんだろうなって。



けど、どんなカタチでも、それは「愛」だったんだと分かったから涙が溢れたのかもしれないな。
私は、母の犠牲になってきたと思ってましたが、恐らく母は子供たちの犠牲になって来たと思ってるよな、笑。
母も、私も、同じ気持ちでいたのよね。たぶん…
それなのに(母が)生きてるうちに、気づけなかったよ。
互いに愛があったんだって、やっとそこをクリアしました!

そんな自分が嫌いだったんだ

フラワーレメディー「ホリー」8日目。
自分が、自分に、違和感を持つ。
私が他者なら、私のような人間を信頼するだろうか(不信感)。
そう思うようになった。



「この人、なんか隠してる」「なんか信じられない」と、警戒してしまうかもしれない。
そう感じた時、ふと母の気持ちが分かったような気がした。
だから母は、私のことを信じてなかったんだと腑に落ちた。



内と外のチグハグさが、其処彼処に現れる。
言ってること、思ってること、やってること、すべてがチグハグなんだと。辻褄を合わせることに必死。
私が他者なら、そんな人は信用できないよ。



けど、そこには自分なりの理由があって、「本音を言ったら怒られるから」「本音を言っても服従させられるのが分かってるから」、本心を偽ってでも表向きはそれなりに合わせてないと自分を守れないと。
空気を読み、周りに合わせるかのように振舞わないと和を保つことが出来なかった名残りが、私をそうさせた。



未だに、周囲の空気を読み歩調を合わせ和を保とうとする癖が抜けなくて、本当は嫌だけど引き受けてしまうことも多々あって、そこが余分なストレスの種ではあるんだけど、なんか嫌だって言えなくてね。嫌だって言ってしまうと「和を乱す」ことになっちゃう気がして言いにくい。



だから自分を偽り、誤魔化し、内と外がチグハグ、それをなんとか辻褄を合わせようとするんだけど、辻褄合わせも疲れるんだよね。



これまで。
信じて貰えるように頑張らなきゃって思ってた、信頼を得る為の頑張りってなんだろ?
私が、空気を読んで気を遣わなければ成り立たない環境であるならば、私が、本音を言ったら怒る相手ならば、それは自分には適合しない環境であり、言うことを聞いてくれる相手を望んでるだけであり、私には何の利得もないってことなんだよな。
エネルギーを奪われて終わりなんだ!



自分が、自分に、不信感を持つことなく居られるには、内と外のチグハグさをなくすことなのかもな…
勇気を持って、内面で思ってることを外の世界に表現するって大事なんだね。
それが出来る人こそ。周りから信頼して貰える人なんだと思ったよ。



私が今まで「嫌だ嫌だ、あああああああ嫌だ!マジやだ!ほんとヤダ!」と、時折やだやだ病に掛かっていたのは、思ってることを外の世界に表現できない自分のことが嫌だったのかもしれない、笑。
いつまでも自分を偽り、自分を隠し、空気を読み和を保つことばかりの自分が嫌なんだ💦💦💦
意気地なし…、そんな自分が嫌いだったんだ。

私には必要な体験だったんだ

フラワーレメディー「ミムラス」を使い終えて…

ミムラス」は、親や環境を受容する手助けをしてくれるレメディーだと云いますが、個人的には自分の闇と向き合うための勇気を授けてくれるレメディーではないかと感じました。
いちばん見たくない部分を直視するのは辛いことだし、避けて通りたい部分を避けることなく通るのはおどろおどろしいことで、認めざるを得ない自分に気づかされました。



ミムラス」を使いながら感じていたのは、どうして自分は良いことより悪いことに意識が向かうんだろうということでした。
してもらったことより、してもらえなかったことばかりに目が行って不満だらけ。感謝の欠片もない。



いつも自分のことばかり考えてた。
これも「ミムラス」が必要な人の共通点らしいけど、私もそうだった。
自分のことばかり考えてると、他者のことなど考える余地が無いのよね。
だって自分のことで、いっぱいいっぱいなんだもの。



自分が歩んできた道程に納得できなかったのは、自分のルーツを拒絶してたからだった。
今の自分が輝けていないのは、自分のルーツが多いに関係してると思ってたし、それが原因なんだと信じてた。
結果、それが自分を傲慢にしてたんだなって思うようになった。
私は、何も、悪くない。悪いのは家、家庭、家族、親…ずっとそう信じてた。



私が辿ってきた道程やルーツが、いつか何処かで何かの役に立つ日が来ると良いなって思います。
あんな親で良かった、あんな家庭で良かった、いつか本心から思える日が来ると良いなって思う。
あの親であったからこそ、今こういうふうになれたんだと感謝できるようになれると良いな!って思います。
無駄なことは何もないですよね、私には必要な体験だったんだと心底思える日が来ると嬉しいな!

信じる力が弱かった

フラワーレメディー「ミムラス」19日目。
悪習慣を断ち切れない。



恐れている事態に陥りたくないから、ソレを防ぐためにやりたくもないことをやってしまう。
その結果、恐れていることを一時的に逃れることは出来る。
でも、心に葛藤が生まれる。



本当は、こんなことやりたくなかった。
やりたくなかったけれど、恐れている事態に陥りたくないから仕方ない。
けど、やりたくない。
でも、仕方ない。
ああああああ嫌だ嫌だ……、それを繰り返す。



オートマチックでスイッチが入ってしまうのは、それ自体が悪習慣だからなんでしょうな。
遥か昔どこかの段階で、恐れから逃れるために身についた癖。
その癖を修正しないと、いつまでも辛い思いをすることになる。



恐れている事態から逃げることは出来ても、心はずっとずっと苦しくなる。
それじゃあ、やったこと自体は良くても、自分を苦しめていることになる。
不安から逃れることは出来ても、葛藤は続く。
満足できない、満たされない、心は不服。



不安から逃げることなく、そこに留まることはかなりの勇気が入りますね。
よほど未来を信じてないと、そこには居られない。
裏を返せば信じる力が弱いってことかもしれないな。



もう、そういうループから抜け出したい。
じゃないと、ずっとずっと苦しいまま。
ずっとずっと自分に嘘をついて行くことになる。その方が苦しい。



苦しさを選ぶか、不安に向き合いそこに留まる勇気を選ぶか、どちらも自分次第なんだ。
もう、苦しさは要らない💦💦💦

自分には、信じる力が弱かった。

自分を卒業したい

フラワーレメディー「ミムラス」16日目。
惨めで哀れ。
自分が、惨めで哀れで、何の力もなくちっぽけな人間に思えてた。
こんな自分が恥ずかしいとさえ思ってた。



人前に(自分を)さらすのが恥ずかしい。
どうしてこんなに自分のことを、恥ずかしい存在だと思うようになったのか。



あんな家庭が恥ずかしかった、あんな親(父)が恥ずかしかった。
他人には隠しておきたかった、バレることが怖かった。
人にバレたら(穴があったら入りたい)、そんな気持ちだった。



こんな家庭であること、こんな親(父)であること、とても恥ずかしくて友達には絶対にバレたくなかったけれど、ある日ある時バレてしまった。
友達は「◯◯ちゃんのお父さんって、へんだよ!変わってる」、そう言った。
実際そのとうりなので、私は返す言葉が見つからなかった。



特に学生のうちは、親が出る場面が多い。その度に「はい、私が父親です」みたいな顔して人前に出られるのがとても嫌だった(そんな時だけ父親ヅラして…という気持ちが抜けない)。



(家庭や親を恥ずかしいと思ってるから、私自身のことも恥ずかしい存在だと思えてしまうんだろうけど)



子供時代、いつも思ってたことは「もう、これ以上、汚されたくない」だった。
私という存在を、親という存在で汚して欲しくないと。
親によって汚されれた、と、いう被害者意識があったことは否めない。
どんどんどんどん、自分が汚れていく、それがとても嫌だった。
自分が汚れた存在に思えてしまう。



あ?…、もしかすると「あああああ嫌だ!」と時々襲ってくるのは、こんなちっぽけな自分であること、自分が汚れた存在に思えてソレを嫌がってることが理由なのか?
こんな自分に嫌気がさしてるのかもしれないな、苦笑。



何がいや、かにがイヤって、惨めで哀れでちっぽけな自分に思えて嫌悪してる自分が、一番イヤなのかもしれないな。
こんな自分を卒業したい!

「嫌だ」という気持ち

来週末、久々に夫婦で日帰り温泉に行こうと計画してます。
暖かくなってきたので、露天風呂も気持ち良いかもしれませんね。
今月に入ってから、ずっと背中の凝りに悩まされている私ですが、背筋がガチガチ💦💦💦
ここまでくると呼吸に影響が出て溜息が増えます、なんだか瞼もピクピクし始めて、かなり血流が悪くなってる可能性が…



今日は新しくレメディーを買ってきました。
バッチフラワーレメディ ホリー 10m
ホリーは、柊が原料になってるレメディーで、御存知のとうりクリスマスに飾るアレです。
(自分の中の光と闇に気付かせて、憎しみや嫌悪感が強い場合に使うレメディー)



パインとウォルナットが候補に上がってましたが、今日になってムクムクと「嫌」「煩わしい」「関わりたくない」という気持ちが湧いてきたので、ホリーを買ってみました。



フラワーレメディー「ミムラス」15日目。
以前から思ってることだけど、もしも父に何かあって入院でもすることになったら、嫌でも良くても行かなくてはならない。
既に母は他界してるので、代わりにやるコトはやらなくてはいけないんですよね(姉妹で)。
それをイメージしただけで、すっごく嫌な気分になるんだ。
足元を見ている父に、嫌悪感が湧く。



どんな仕打ちをしようが、何を言おうが、娘なんだから最終的には面倒を看てくれるに決まってると思い込んでるし、それを「してくれる」に違いないと知ってるから(足元を見ている)。
そこが腹立つんだよ。



私達が子供時代のことなんか忘れてる。
忘れてるというより、真っ当なことをしてきたとしか思ってないだろうな。
こんなにしてあげた、あんなにしてあげた、「してあげた」としか思ってないはず。
親の傷を擦りつけたことも、体裁よく扱ったことも、子供心を傷つけたことも、子供を精神的に虐待したことも、全て忘れてるんだと思う。



それなのに最終段階に入る頃には、面倒を看て欲しい?
私は、忘れてはいないよ!
されてきたことを。



急にそんな思いが込み上げてきて、すっごく嫌な気分になってイライラしてきたから「ホリー」を買った。
自分でも思います、執念深いよなって。
いつまでも「されてきたこと」を忘れること出来ないんだもんね。
父が嫌いで、今でも根に持ってる…、だから「ホリー」を買った。



人間不信を植え付けたのも、対人恐怖症にしたのも、みんなみんな父がやったこと。私は、そう思ってる。
人を信じられず、人が怖い、そんな人間にしてしまったことの自覚がない。
私は、「人間の温かさや優しさ」そういうことを家庭において教えて欲しかった。



こう書くと、書いてしまうと、全て父に責任を擦りつけ転換してるだけと思われそうだけど、今の私には自己責任として受け容れることが難しい。
果たして「ホリー」で、どのように変化して行くのか見てみたい。