〜Bath Flower Remedy〜

お花🌺のエネルギーを借りて、こころを軽くしよう!!私の好転反応の記録を書いてます。

学習能力ないのかよ??

フラワーレメディー「ウィロー」11日目。
悲観癖。



前途を悲観する癖がついたのはいつからだろう?
動こうとする時、何を基本にして何を手本にするかというと、やっぱり今までの結果にもとづいた考え方をしてしまう。



違う切り口があることに気がつけば良いけれど、そうじゃなければ過去を思いだしそこからヒントを得るしかない。
けれど、失敗に終わった過去を手本にして同じやり方をしていては、また失敗に終わる。
それなのに、そんなことを何度も何度も繰り返してた。



なぜ失敗に終わったのか分かっていない。
そして、同じやり方しか知らない。
それ以外のやり方を考えても、考えが浮かばないから「これしかない」と思い込む。
そろそろ気づけよ!!ってことなんだろうけど、他を知らないからまたそのやり方で進もうとする。悪循環なんだ。



何度も同じところでつまづく。
つまづいていながら、また繰り返す。
馬鹿かよ自分💦💦💦
繰り返すうちに気づけばヤル気を失い、前進する気力もなくしてる。
違う切り口を見つけようとせず、原因は外側にあるんだと信じてる。
これって色んな分野に影響してるんだろうな、、、
簡単に言えば、いつまで経っても学ばない奴ってことなんだろうな😓😓😓



私は、悪くない。
悪いのは、外側の誰か。(←誰なんだ?? 笑)



同じところでつまづくってことは、そこに「学ばなければならない」ことがあるんだろうね。
私は「同じところでつまづく」度、思いだすんだよね。それは昔、姉の家でスーパーマリオのテレビゲームをさせてもらった時、何度チャレンジしても同じところでマリオが死滅しちゃうのよ。
それを見ていた姉は、「あんた、またやってる。バカじゃない??」って😝😝😝笑!!



それと同じなんだろうね。
周囲の目にはなぜ同じところでつまづき、なぜ同じような間違いを繰り返し、なぜ上手くいかないのかは見えているんだろうと思うの。知らぬは本人だけなんだろうな。
気づかない、気づけないんだよね。



あ〜あ、せめて前途を悲観することなく進める自分になりたいよ。
ネガティブなイメージしか湧かないんだよね。
なんでこんなにも明るいイメージを描くことが出来ないんだろ??
ネガティブ思考ってイヤだ💦💦💦
なんで成功するイメージが出来ないんだろ??
自分でもイヤになる。



いつまで経っても学ばない人向けのレメディーは、、、
バッチフラワーレメディ チェストナットバッド 10ml

悔しさを握りしめて

フラワーレメディー「ウィロー」10日目。
さかさま。
今まで信じて疑ってこなかったこと、実はさかさまだったんじゃないか?と思うようになってきた。



ちょっと見は弱そうに見えるけど、本当はかなりの自信家で馬鹿なフリをしてるだけの母だったんじゃないかと。
どうしたら憐れんでもらえるか、どうしたら優しくしてもらえるか、、、計算づくだったのかな?もちろん母自身は無意識に。



母の話を聞かされ鵜呑みにし、父を敵視するようになっていった私は上手く母に取り込まれただけなんだ。今になって気づいたよ。
母を守りたい、父から母を守りたい。その一心だった。



母を守るため、色んなことを我慢した。
自分を犠牲にするのは、母を守ることに繋がると信じてたから。
けれど、母に私の思いは届かないどころか、もっともっと取り込もうとする。
母が、私を、取り込もうとすればするほど私の精神的負担は増えていく。だって、それ以上に私の我慢と犠牲を望まれるのだから。



苦しかった。
本当に苦しかった。
いちばん悲しかったのは、母を守るためにしてきたことが母には何ひとつ届かなかったこと。
私自身が精神的に無理していることに、気付いてもらえなかったことかもしれない。



そして、本当は母を守ることも庇うこともしなくて良かったんだ。
母は、私が思ってるような弱い人なんかじゃないんだ。



数日前、シャワーを浴びながら急に「母のことは、もう切ろうかな」と思った。
「切る」といっても既に母は他界しているので、「え?切る??」頭の中がクエスチョンマーク❓でいっぱいになった、笑。



それと「ウィロー」を使いはじめて、数々の悔しさが浮彫りになった。
この悔しさを本人に返したい、いや、、、返せないから悔しいんだ。
悔しさを吹っ切れたら、現実も動いていくのかな?なんて思ったりもする。



いつまでも悔しさに拘り続けている限り、私の現実は何も変わらないということを自分は知っているんだよな。でも、割り切れない💧



本気で変えたい、変わりたいと思うなら悔しさを手放すことなんだ。
いつまで悔しさを握りしめて生きていくの??と、自問自答。



たんなる紙屑のようにポイっと捨てることが出来るなら、とっくに捨てている。
悔しいという気持ちが邪魔して、過去を捨てることが出来ない。それもまた苦しい。
私って、すんごい根に持つタイプなんだな、、、苦笑。



これ以上、悔しさを握りしめて生きていくなんてイヤだ!!

母の黒魔術

フラワーレメディー「ウィロー」6日目。
その人にとって、私という存在は難から逃れる為の「避難所」でしかなかったんだ。
一時的な避難場所。



独身時代の元彼を思いだし、やっぱりそうだったのかと確信する。
心が辛い時、逃げ場が欲しい時、不安定な気分の時、そんな時だけ依存してくるんだ。
元気になったら、またいつもの自己中にもどる。大事なのは「自分」だけ。
私がどんな気持ちでいるのかなんて、彼の頭の中にはなかったんだろうよ。



女ってバカだからさ、好きだから我慢しちゃうのよね。
好きだから我慢ができるし、それに堪えてやる〜みたいな意地もあったりなんかしてさ、苦笑。
男からすると「お前そんなに苦しいのに我慢しちゃうなんて、よっぽど俺に惚れてるんだな」って思うので、余計にお調子者になっちゃうのかもね?!



女が我慢すればするほど、思い遣りのない超自己チューなオトコの出来上がり!!
そういう男を作ってしまうのは女なのよね!!
で、そういう男に限って、女が不安になるように心理的操作をするのが上手くてさ、そこに女が引っ掛かっちゃうのよね、苦笑。



元彼のことを思いだし頭の中を整理してたら、あれ?あれれれれ??もしかしてうちの母さんもそうだったの?って、絡まってた紐がスルスルスルーって解けたような気がした。



私たち姉妹に、グチグチグチグチ愚痴を並べて父の悪口を吹き込むけれど、最後はいつも「でもさ、自分が選んだ道だから、、、」で締め括る母。
愚痴るだけ愚痴って最後は自分で締め括るって、私には分からなかった(だったら言うな!!)。
そこで締め括らなければ、まだ母に対して優しい気持ちを持てたものの、締め括られると腹が立つんだ。



とにかく我慢強い母で、これだけ我慢できる人って珍しいと思ってた。
今までは不満タラタラではあるけれど、我慢して父と共に生きてきたんだろうなぁと思ってたけど、ちょっと見方が変わりつつある。
なんだかんだ言っても、やっぱり母は父のことが好きだったのかな?とね。



母の言葉を真に受けすぎた。
愚痴るから、母は父のことが嫌いなんだと思ってた。
けれど、それは嫌いという意味ではなく「こういうとこがイヤなんだよね」という意味合いで、「こういうとこを直して欲しいんだよね」という話だったのかもしれないと、やっと気がついた。



母は、好きだから我慢して、好きだから堪えて、好きだから添い遂げたのかもしれない(?)。
本当にイヤならば、人間というものは「出て行く」生き物だそうです。
逃げ道は「出て行く」か「病気になる」か、二つに一つだそうだ。
あ、最後に母は病気になったからやっぱり父のこと嫌だったのかなぁ、笑??
ま、今となっては母が父を好きだったのか嫌いだったのかなんて、そんなことはどうでも良くて一つだけ言えることは、母の言葉を真に受けすぎていたということだ。



母が言うことを鵜呑みにして、父のことを誤解してきたこともあっただろうな、、、
父と娘が上手くいかないように、母に仕組まれたのかな??
今までは、母は正しいと思ってきたけれど、、、
姉妹仲にしたってそうだ、口では「たった二人の姉妹なんだから仲良くしなさい」なんて言ってたけれど、姉妹仲が拗れるように母に仕組まれたのかな??って、、、



家族関係が上手くいかないほうが、母にとっては良かったのかな??なんて、これを書きながら思った。
これまでは逆だと信じてたけれど、もしかすると家族のガンは母だったのかもしれない?!と思うようになってきた。
家族関係が拗れてるほうが、母にとってはトクで存在価値を確認できたのかもしれないな。もちろん母は無意識にね。



母に、黒魔術を掛けられてた気分だ、笑。

お金がないということは、、、

フラワーレメディー「ウィロー」5日目。
お金がない。
ウィローを使いはじめ、直ぐに頭に浮かんだ言葉は「お金がない」だった。
なんか知らんけど、キーワードは「お金がない」なんだと感じた。



惨めで憐れ。
お金がないと侮辱されてしまうんだなって知ったのは、私が28歳の時だった。



本当は昼間の仕事がしたかったけれど、仕事を選んでる状況ではなくとにかく働いて生活を立て直す、それしか頭になかった。
そんな時、人から紹介された仕事が夜の仕事だった(ホステスではありません、笑)。



そんな時、お医者さんが来店された。
看護師さん達を連れて来店されたのだけど、その男性医師は私にこう言った。
「昼間、何してんの??」「寝てんの??」と言いながら、バカにした笑いをしてた。



私だって夜の仕事をしたくてしてるわけじゃない、ましてや酒飲みの相手なんかしたいわけじゃない、夜にお酒を扱う仕事をしているとバカにされるんだなってすごく悔しかったことを思いだした。



お金があれば、やりたくもないことを仕事にしなくてもいいのに。
お金があれば、こんなことしなかったのに。
お金があれば、嫌なことを言われることなかったのに。
お金があれば、、、
お金があれば、、、
お金があれば、、、



結局お金があると、人が持つ悲しみに鈍感になっちゃうのでしょうか?
その人がどんな痛みを内包し、何に歯を食いしばり堪えているのか、そんなことまで気が回らなくなってしまうのでしょうか。
そりゃそうかもしれませんよね、何もかも上手くいってる時ってそういうものかもしれませんよね。



いま思えば、あの時のあのお医者さんは、私にソレを教えてくれたのかもしれないですね。
お金に余裕があるからといって、人をバカにしたり侮辱するのはいけないよと。



ウィロー」を使いはじめて、直ぐに「お金がない」「こんな生活は、もうイヤだ」と思い始めた。

取り繕い

フラワーレメディー「アグリモニー」11日目。
嘘と取り繕いに塗れた環境。
そういう環境に長く身を置いてると、取り繕いが当たり前すぎてオカシイと疑うこともせずソレが普通なんだと思い込んでしまうんだな。
自分が取り繕っているぶん相手を疑うという副産物が、もれなく付いてくる。



そして面白いことに、騙されることになるのかも?信頼できないかも?そう思いながらも、疑わしい人に自ら近付いて行ったり、逆に近寄って来られても抵抗感がなくなってしまうんだ(すでに免疫が出来てるから)。
それなのに後になって、傷ついた、傷つけられたと被害者になるのはオカシイよなと思うようになった(黒魔術が、やっと解けた気分、笑)。



取り繕う家族。
本当は父を嫌っているのに、うわべだけ父を立てるフリをする母。
子供に父の悪口を吹き込み、愚痴を溢しているのに、父の前ではおくびにも出さない母を見ていると母に対して不信感でいっぱいだった。



父にとっては、母のそういうところに腹が立っていたのかもしれない。
口で言わなくても、嫌われてるというのは分かるもの。
見せかけの甲斐甲斐しさに騙されるほど、そこまで父は鈍くないと思う。



ちなみに私だって、親が嫌いなのに取り繕って怒られないようにしてただけ。
姉のことも嫌いなのに、、、
親も姉もキライ、家族がキライ、身内がキライ、何故こんなに嫌いになってしまったんだろ??



ぶつかり合うことがなかったと思う。
ぶつかり合わないようにしてた、させられていたから。
ぶつかることは悪いことだという、そんな暗黙のルールがあった家庭。
私には、ぶつかり合うという経験が圧倒的に少ない。
だから社会に出ても、人とぶつかり合うことが怖い、ぶつかることを避けている。



感情を剥き出しにして怒りまくるのは「みっともない」と思ってたけれど、いま思えばソレが出来る人は人とぶつかり合う経験値が多いから出来ていることで、感情を出せるという環境に居たからこそ身についたのだろうし、ある意味「恵まれてる」と思う。



そして、そういう人たちは感情を出すということが怖くないから「出せる」んだと思います。
もちろんその人たちにだって怖いモノはあるはずだけど、感情を出せるってことは幸せなことだから私には羨ましい。



キライなものを嫌いと、嫌なことはイヤと取り繕うことなく表現することは悪いことだと教育されて、それが真実だと疑いもしなかった。
キライなものをキライと言って何が悪いんだろ?
嫌なことをイヤと言って何が悪いんだろ?
結局、それを我慢している人間が相手に押し付けているだけなんだ。
だからお前も、同じようにしろ!と。



取り繕えば取り繕うほど嘘が増え、自分も苦しくなるけど相手に不信感を抱かせて信用をなくすんだってことに、今さらながら気がついた。

怒り

秋の土用(10/20〜11/6)、体調は如何でしょうか。
私は土用の前日から胃が不調になり、回復するまで時間が掛かりました。
そして今はが、、、。・°°・(>_<)・°°・。



このところ、食物繊維を意識して摂るようにしてます。
前回の「主治医が見つかる診療所」で紹介されていたらっきょうレシピなめこレシピをもとに、アレンジして食してます。
そしたら日によって、1日3回も排便することもあってびっくりです(便のカサも増えた気がする)。



体質にもよるけど、不溶性or水溶性どちらの食物繊維が合うのか知っておくと便利だなと思うこの頃。自分は水溶性食物繊維のほうが合ってるようで、らっきょうは効果覿面(笑)!
気のせいか下腹部がへっこんだので体重計に乗ってみたけど、体重は変化ナシでした😅



(今日は次のレメディーを買いに行きたかったのだけど、候補があり過ぎて絞れないので見送りました)



フラワーレメディー「アグリモニー」。
悲しみと苛立ち。



姉への苛立ち。
とぼける、しらばっくれる、そういう癖がある人ってどういう心理なんだろ??
その度に認めさせてやりたい衝動に襲われてしまう。
、、、だからなんだよな、姉も意地になって認めるもんかしらばっくれてやる!!と頑なになる。



かなり昔、姉に本音を溢したことが何度かありましたが、その度にはぐらかしマトモに取り合ってくれなかった。こっちは真面目に話してるのに。
会話の内容は憶えてないけど、私はいつになく素直な気持ちを表現したのにはぐらかされたのが、とてもショックだったんです。



それ以来、私は姉に気持ちを伝えることをしなくなりました。
真面目に話してるのに、マトモに取り合ってくれないのなら話す価値ナシと思ったから。
けれど、そこを突っつくとまたとぼけて小馬鹿にした態度をとることが分かってるので、私は何も言わない。言いたくもない。



そんな姉も謝ってくれたことはあった。
けれど、気持ちが入ってないの。
気持ちが入ってるか否かって「感じるもの」だと思うんですよ、それが伝わってこないということはやはり気持ちが入ってないんだよ。
言葉だけの謝罪なら要らない!!



私は、そんな姉のことが悲しかった。
悲しみはいつしか怒りに変換され、姉の言葉は私の心に届かなくなった。
これを書きながらたった今気がついた、それは姉を信頼できないということ。姉に対する不信感。



ネットサーフィンしている時、「しらばっくれる、とぼける」のは嘘をついているからだという記事を目にして、そっか。。。姉は私を騙そうとしてたんだなって悟った。
私に嘘をつき騙すことで、姉は何の利益があるんだろ??



怒り、疑心、不信感、復讐心、嫌い、そんな時はコチラ↓
バッチフラワーレメディ ホリー 10m
すべての感情は、怒りという蓋で閉じ込める。

















手放したいモノ

フラワーレメディー「アグリモニー」10日目。
20年経ってから「あれは攻撃だったんだ」と気づいても、どうにもならない。
反撃したくても目の前に相手はいない、だって二度と会うことがないのだから。
やり場のない怒りをどこに向けたら救われる?



お互いに自分が望んでいることを語らずに、うわべだけ取り繕った関係に疲れを感じていたのは確かで、それが不満というカタチで現れる。
だったら本音を語ればいいのに、それをしないがために嫌味や皮肉で罵り合う。



本当は〜〜して欲しい、本当は〜〜したい、それをされると嫌な気分になる等々、自分の気持ちを伝える努力をすれば良いのに互いにプライドが邪魔して伝え合うということをしなかった。



罵りは攻撃なんだ。
けれど、罵りの裏側に隠されているものを無視して突っ張り合うんだよね。
先に本音を伝えたほうが「負け」だと思い込んでるから、本音を伝えることはしない。意地でも語らない。
今となっては、語らないのは優位な立ち位置に立っていたいというプライドだ、苦笑。



なんかさ、「手放したい」って突然思った。
自分の優位性とか、必要のないプライドとか、それ等が原因(?)の古い怒りをすべて手放したいって思った。



本音を語らないっていうのは、やっぱり損するんだ。
本音を語っていれば、望む現実を引き寄せることが出来たかもしれないし、少なくとも不必要な傷を持つことは避けられたはず。



どこかで読んだ記憶があります。
本音っていうのは、「恥ずかしいもの」らしいですよね。
「恥ずかしい」からこそ、人は本音を言いたくないんですって、笑。
これを言ったら笑われそうだ、これを言ったら嫌われるかも?、その程度のものらしい。
それぐらい「本音」って、人からすると「たいしたことない」モノらしいけれど、それを気にしてるのは「自分だけ」みたいだよね。