〜 Recovery 〜

バッチフラワーレメディーお花🌷のエネルギーを借りて、本来の自分を取り戻そう。私の好転反応の記録を書いてます。

母のメッセージに気づけなかった

我が家には仏壇はないけれど、部屋の一角に母の写真、御供え、線香立て、お凛を置いてるんですが、今日は数ヶ月ぶりにふと思い立ち母に合掌🙏
そういえば数ヶ月も手を合わせていないことに気づきました。



御線香を焚き、お凛を鳴らし、しばし合掌していたら母の気配を感じた、、、いや、そんな気がしただけかもしれない。



手前勝手な思い込みに過ぎないけれど、母が「痛かったしょー」と後頭部のタンコブに手を当ててくれてるような気がした途端ぶわ〜っと涙が溢れて、そのとき初めて「あ、泣けた」と思った。



そういえば小さかった頃、私が何処かにぶつけたり転んだりしたら、母は「あー痛かった痛かった。もう、治ったよ」と言って痛い部分に手を当ててさすりながら言ってくれたことを思いだし、もしかすると自分はそういうことを求めてたんか??(子供っぽ過ぎる、笑)。



、、、亡くなっても、生きてる人間の心配をしているものなんですかね?
しきりに「身体の切替わりなんだから、自分の身体なんだから、大事にしなさい」と、言ってるような気がして。
なんと言っても更年期世代に突入してるからね、そりゃあ身体の切替わりだわさ、笑!!



私も知らなかったんだけど、身体の「左側」ばかり怪我したり病気になったりトラブルが続く時って、御先祖様が大事なメッセージを届けたいからなんですってね。
頭のタンコブも腰痛も「左側」で、そーか母は私の身体のことを心配してくれていたのかも?!
足に気をつけて歩きなさいとも言ってたけれど、いやいや既に滑って転んでしまいましたから、笑!!



もう少し早くメッセージに気づけたら良かったよ💦💦💦
いやいや、、、母は、どうしたらこの子は気づいてくれるだろうか?と思ってたのかも( ̄▽ ̄)



フラワーレメディー「スターオブベツレヘム」3日目。
不安とか、心配とか、そういうのに疲れた気がする。
身体を使うと身体が疲れるけれど、心を使い過ぎると心も疲れるんだろうか??なんて思った。
不安、心配、怖れ、罪悪感、、、負の感情ってエネルギー消耗するのかね??

バッチフラワーレメディ スターオブベツレヘム 10ml

バッチフラワーレメディ スターオブベツレヘム 10ml

指針は「癒し」。

痛みは「気づきのチャンス?」

大嶋先生の呪文で、腰痛に効く呪文はないんだろうか?
痛みに効果がある呪文って、ありそうだよね。試してみる価値はあると思うんだけどな〜。



ぢんさん(心屋仁之助さん)的にいうと、目の前の出来事はダミーなんだ。
ならば腰痛によって、何に気がつかなきゃいけないんだろ??



20年以上前の出来事。
当時、何も考えず毎晩続けていたことがあった。
それは何事もなく毎日が過ぎていくことへの感謝の気持ちで、身体の一つ一つの箇所に「ありがとうございます」を心の中で唱え眠りにつくという個人的な儀式にしてました。



当時あまりにも辛く大変な状況に陥ったから、成す術が見つからず私に出来ることは切り傷一つなく毎日仕事が出来て健康で暮らすこと、ただそれだけの思いでした。
愚痴や泣き言は一切溢さず、なんか知らんけどいつも笑ってた。
周りの人は、「◯◯さんに救われる」と言ってくれるけど、本当に救って欲しいのは私のほうだわって思ってた、笑。



感謝の儀式(?)を毎晩続けること半年が経とうとした頃、あり得ないことが起きた。
友達が言ってたことが本当に起きた!!
捨てる神あれば、救う神あり!!って、このことか?!
もう、本当に驚いた。
それによって一件落着したんだよね。



最近やたらそれ等を思いだすようになったから、感謝の儀式(?)を毎晩ベッドの中でやってから寝るようにしてた。
ところが唱えるようになってわずか3日で、この腰痛です( ̄◇ ̄;)
えええええええーーーーーー!!感謝したのにーーーー∑(゚Д゚)



目、耳、鼻、口(歯、歯茎、舌)、脳、頭蓋骨、髪、指、爪、臓器の一つ一つ、関節、細胞、、、すべてに感謝、、、、
なのになんで??
「安心感が欲しい」という下心があったから??

(なんで、なんで、ねー、なんでなのーーー???)


で。
試しに大嶋先生の「心よ、、、」で訊いてみた。
「心よ、腰の痛みは私の中の何が関係してますか?」って訊いたら、罪悪感だって。
ひぇぇぇーーー!!たしかに罪悪感あるわ!(◎_◎;)
いま無職だから、働いてないことへの罪の意識っていうのかな、夫に対していつも感じてた。



腰痛になると腰を伸ばすことがキツくなって、どうしても前屈みになりがちですよね、謙虚になれ!っていう意味でもあるみたいですよね。
人に対して謙虚さとか、感謝の気持ちとか、そういうのが不足してるよって教えてくれているんだよって云う方々もいますが、一理あるかも、、、
夫に対して、謙虚な気持ち忘れていたかもしれませんわ💦💦💦



なんでも治るタイミングってあるんだよね、学ぶことを学んで気がつかないでいるうちは痛みも治らないのかも?!
痛みは、「気づきのチャンス」を与えてくれているんだろうな〜。
、、、はー、でもやっぱり痛いや😭😭😭

デトックスなのか厄払いなのか??

厄払いでもしてるのかなぁー?
今度は腰痛だよ。



転んだ時に出来た頭のタンコブは、少しづつ良くなってきてるんだけど、まさかこのタイミングで腰痛かい??
「なんだかツイテナイなー、厄払いでもしてるのかなぁ?」と、ふと思ったりして、、、
重なる時は重なるものなのかしらね??



ちまたでは怒りは腰に溜まるとか云われてますが、うん、、、たしかに怒ってたわ(最近)。
左側の腰が痛いんだけど、身体の左側って不安や怖れが起因して症状が現れるんですってね(ちなみに右側は怒りだそうです)。



たしかにこのところ、不安でいっぱいいっぱいだった。
不安に押し潰されそうな感覚が拭えず、泣きたい気持ちでした。
ここで泣ければ良かったのかもしれないけど、泣きたいのに泣けなくて、、、



(未だに不安感から抜け出せなくて、私、何をそんなに不安がってるんだろ??って自分が分かりません😂😂😂)



先日、転んで後頭部を打った時、咄嗟に泣きたくなりました。
痛かったからじゃなくて、「過去に、心の奥底に沈めて抑圧してきた思いが溢れたかんじがしたの」。
簡単に言うと、これだけの衝撃がなければ浮上して来なかったであろう感覚です。



そしたら瞬間的に20年以上前の出来事が思い出されて、咄嗟に泣きたくなっちゃったの。
泣けば良かったのに弾みで涙を飲んじゃってさー、そこから泣くに泣けなくなってしまった。



20年以上前の出来事は、本当はすっごい不安だった。
本当は不安を口にしたかったんだなって思った。
人に言いたくないことだったから私一人で乗り越えたけど、本当は不安と怖れでいっぱいだったことを思いだしてしまい、そこが刺激されてしまったのか??



で。
試しに、大嶋先生の「心よ、、、」で自分に訊いてみた。
「心よ、この大きな不安は私のものですか?」と訊くと、ナント母親の不安感だった!!

(そうか、母親の不安感が、私に流れ込んでいたんだ!!)



そういえば母は、取り越し苦労の心配症でとにかくすんごい心配する人だったことを思いだす。
心配するってことは「不安」だから「心配」するんだよね。
自分が不安で堪らないから、不安を解消したいがために心配するんだよね。
如何にも相手を心配してるかのようだけど、実は自分が不安なんだよね。
自分が安心したいのよ!!



けど、母の気持ち分かるわー。私もだもん、苦笑。
本当はコレって良くないのよね、あんまり心配してると「心配された側」は臆病になっていくんですよ。
コレをやって良いのかな?悪いのかな?どうしようかな??、究極「決められない」。
そうやって臆病になっていくの。



今日の記事は、大嶋先生の話とフラワーレメディーの好転反応(?)とミックスになっちゃったなー、笑!!
明日は、今日より腰痛が良くなってますように🙏

欲しいのは「安堵感」

ここに色々と書いてたバチが当たったのか、昨日は雪道で滑って転んで後頭部を強打しました。
頭も痛いけど心も痛く、精神的打撃が強く凹んでます。



フラワーレメディー「パイン」13日目。
不安と心配に押し潰されないように、泣きたい気持ちを一生懸命に堪えてる自分がいる。



人に不安を打ち明けることは出来ても、言われたほうは困っちゃうよね。
何を言っていいか分からないから、取って付けたような慰めの言葉しか出て来ないもの。
「大丈夫だ」と言ってくれても、どこか真実味に欠けて聴こえてしまい安堵できない自分がいる。



不安な気持ちを内包していたんだな。
根源的な不安。
そもそもが不安だから、何か起こる度にもっと不安になるの。
ちょっとのプレッシャーが途轍もないプレッシャーに思えたり、ちょっとの我慢も大きな我慢に感じてしまうんだ。
ストレス耐性がないのは、ソコなのかな??



欲しいのは「安堵感」。



私の心の一番弱い部分に何かが触れたら、ぶわ〜っと涙が溢れてきそうだ💦💦💦
泣く寸前の気持ちに一生懸命に堪えながらって、けっこうシンドイもんだ。
涙で不安を洗い流してしまえたら、どんなにラクだろうと思う。