〜Bath Flower Remedy〜

お花のエネルギーで、こころを癒そう。私の好転反応の記録です。

「ぢんさん」ありがとう〜♪

胃の不調が少しづつ回復してきたようで、食べたいという欲求が湧いてきました。
ですが、食事にかける時間はいつもよりかなりゆっくりめにして、食べる量も恐る恐るといった具合。
やっぱり胃の具合が悪いと気持ちも沈むし、食べることが好きな私には食べる楽しみがなくなり、普通に食事が出来ることの有り難みが分かりますわ…>_<…



我慢について。
sonia710.hatenablog.com
独身時代の元彼のしたことが未だに納得できなくて、私の我慢は何だったの?と心の中でずっと責めてたし、終わり方も気に入らなかったのでその件についても納得できなくてモヤモヤを引き摺ってた。
いったい何年ひきずったら気が済むの??って、自分の執念に呆れる、苦笑。
親のことだって同じだよ。
こんなに根に持つタイプだったんだなって恐ろしくなるわ(こえー😱)。



けれど、ぢんさんのブログに救われた(心屋仁之助さん)。
今日、久々にぢんさんのブログを訪問したら私のこと??と思うような記事に巡り合ってさ〜、なんてタイムリーな話題なんだろうって感動したのよね(思わずコメントしちゃったよ😍)。



で。
結局、我慢ってもんは自分がしたくてしてる、勝手に我慢してるんよ!!
それがまたストーンと腹に落ちた。
そんでもう一つ、自分がしたくて勝手に我慢してるのは私が我慢したいからしてるんだ(私が、やりたいからやってるだけ)。
それもまたストーンと腹に落ちた。



て、ことは、、、
相手もソレがしたいからしてる(した)だけってことだよね。
私もその元彼には浮気されたし、最後は二股かけて私が捨てられたけれど。



それを分かりやすく書き換えると、、、
元彼は浮気したかったから浮気しただけで、天秤にかけて図りたかったからそうしただけで、別れたいと思ったから私から去って行っただけ。
そう考えたら、なんだか元彼が可愛く見えてきた。この人は本当に正直な人だったんだなと見方が変わってきました、笑。
お前も自分に嘘をつかず、正直に生きろよと教えてくれていたのかも、、、
私にとってその人は、教師の役目をしてくれていたのかもな、笑!



みんな、自分がしたいことをしてるだけなんだよね、きっと、、、
けれど私は心が狭いみたいで、寛大になれなくて心の中でジャッジばかりしてたんだ。
浮気した元彼に腹を立てていた本当の理由は、もしかすると怖いことに私も他の男性に目を向けたくなっていたからなのかもしれないですね、怖〜〜〜!!!
そう考えたら「私が元彼を浮気させた」のかもですね、笑。



そこに気づかせてくれた「ぢんさん」に感謝です❤❤❤

母の要求に応えることが辛かった

フラワーレメディー「ハニーサックル」10日目。
このところ独身時代に交際していた彼を思いだすことが増えて、当時の(私の)我慢が甦ります。
どんなに我慢を積み重ねても一向に報われない。それどころか私の我慢を無視して(見て視ぬフリ)、好きに振舞うから腹が立った。



私がしてる我慢は何なのよ!
どんどん不満タラタラになり怒りがこみ上げる。そして相手を皮肉り嫌いになっていった結果は離別だったことに気づいた時、仕事も同じだなって思った。
いや、何事も同じだなって感じた。



けれど、その我慢は誰に押し付けられたものじゃない。
我慢してるのは、怖いからなんだ!!
彼やパートナーと別れることになってしまうんじゃないか、上司に楯突いたら左遷やリストラの対象になるんじゃないか、相手に合わせてないと仲間外れにされるんじゃないか等々、怖さって厄介だよな。



そこに気づいたら「疲れた」と感じた。
いったい何に疲れたのか?、、、母を思いだした。



空腹を感じるセンサーやタイミングは人それぞれだと思う。
けれど、母はお腹が空いてなくても時間だからといって食べさせる(当然、お腹が空いてないのだから箸は進まない→食べるスピードは遅い→残すの悪循環だ)。
そして残すと怒られた。



(作った物を食べて貰えないというのは、あまり気分の良いものではない。それは今だから私も理解できるのだけどね)



大人だって食欲不振の時ってあるよね(体調不良、悩みすぎ、ストレス)。
子供だってそういう時あると思うよ。
それなのに食べることを強要されると、食事が苦痛になっていくんだ。
拒食症って「母=愛情=食べる」、つまり母の愛情を拒む行為が拒食症なんだろうと勝手な推測だけど。
お母さんの愛は要らないよ、お母さんの気持ちが重いの、そのSOSを拒食というスタイルで発してるんじゃないかなぁなんて仮説を立ててみた。



押し付けの愛情に付き合って、それに応えてあげられるうちはまだ良いと思います。
けれど、無理矢理に受け取った愛情に応えなければならないというプレッシャーや緊張は、いずれ破綻をします。
愛情と呼べるものではない。たんなる「押し付け」と「私を(母を)満たしてよね」という要求だ。



私は、母の要求に応えることに疲れ切っていたんだと思う。
もう、付き合えれない。これ以上はイヤ。
母の要求に応えることは本当は嫌だったけれど、応えてあげないと応えてあげるまでしつこくブラさがり、ヒステリックになり最後は叩かれることになる。
母が怖かったんだ。怖いから我慢して要求を飲んでただけ💦💦💦
結局、私は父のことも母のことも怖かったんだ。親が怖かった。



恐怖で煽る。
父も、母も、子供に怖さを植え付けたんだ。
これで点と点が結ばれた、私が人が怖かったのも人間不信だったのも両親の接し方に問題があったんだと。
自分の性格の問題、捉え方の問題だと思うようにしてたけど、私のせいじゃなかったんだ!!

身体だけデカくなって中身は幼稚(苦笑)

秋の土用期間(10/20〜11/6)に入りましたが、皆さん体調は如何でしょうか。
私は胃が疲れているのか消化不良、膨満感、食欲不振💦💦💦
くしゃみを連発、咳(時々)、痰の絡み(?)があるので、もしかしたら風邪?かも、、、



そして気になっていたローヤルゼリーのサプリを、今日から飲み始めました。
自律神経に良いと云われていて、更年期症状にもオススメみたいです。前回購入した高麗人参のサプリはなかなか良いかんじで、寝付きも良くなり朝の目覚めも良い意味で変化を感じてます。



フラワーレメディー「ハニーサックル」9日目。
私の中だけの交換条件。



欲しいモノを貰うために、私は〜〜を我慢するから、その代わり〜〜を頂戴という心理は苦しみを生むんだと、この年になって恥ずかしながらやっと自覚しました。
子供同士の、お菓子の交換じゃあるまいし、笑!



どうしても得たいモノがあるから我慢しているのに、相手はまったく気がついてない、私の気持ちを分かってないとドンドン不満が溜まっていく。
あわよくば、相手は気づいていながら気づいてないフリをしてるんじゃないかと疑い、私の中のフラストレーションは表情や態度に出てしまう。
私はこんだけ我慢してるんだから、いい加減に気づけよ!と、、、



そんな手前勝手な交換条件は、人間関係を拗らせた。
相手も物々交換みたいなモノを望んでいるならこの関係は成り立つけれど、そもそも物々交換する気がない相手だと成り立たないのよね。
私ばかりが我慢して、不満を溜めてイラついて疲弊する関係で終わってしまうのよ。
それがとっても悔しくてね。



けれど、コトの発端は私にあったんだとやっと気がついた。
自分の私利私欲の為に偽善者を装い、期待したモノを相手から与えて貰えないと不機嫌になっていただけ(動機が不純、苦笑)。



いゃあ「ハニーサックル」で、まさか「チコリー」の反応が現れるなんて想定外でした。
バッチフラワーレメディ チコリー 10m
チコリーは、愛情飢餓のレメディーなのよ😅
思ったとうりの反応を相手がしてくれないと臍を曲げる、期待はずれだとか、それってよくよく考えたら何とも身勝手で自己中、我儘なんだろう。
身体だけデカくなって中身は子供、大人になりきれてない大人。



過去の出来事に見切りをつけられず、いつまでも拘って気持ちが離れなかったのはソコに↑執着してたからだったんだと知った。
本当はこういうものが欲しかったのに、あの人は与えてくれなかったとか、与えてくれたとしてもシチュエーションが嫌だったとか、いま思うとホント子供染みたことに拘りを持ち続けて一言で言えば幼稚(恥)。
は〜、次は確実にチコリーだな😁

報われないオモイ

いま読んでみたい本📖
「行動できない」自分からの脱出法!──あなたを縛る「暗示」にサヨナラ
周りからの暗示で動けなくなっているとか、嫉妬のエネルギーを向けられていることで動けなくなっているとか、そういう話を耳にしたことありますがとても興味が湧く1冊です。



フラワーレメディー「ハニーサックル」7日目。
負のスパイラルにはまってるようだ。
いつも気が重く、何事にも気乗りしなくて、動きたくなくて、腰が重いというかお尻に根が生えてるというか、どうして私はいつもこうなんだろう??
喜びや情熱、意欲を感じられる脳のセンサーが壊れてる(−_−;)



そう思って昨日、「心よ、、、」と自分の無意識さんに訊いてみた。
大嶋信頼先生の本やブログを御覧になられてない方々には、「心よって何??」かもしれませんがスミマセン。



心よ、どうして私はいつも気が重いの?と訊いてみると、思いがけない答えが返ってきました。
私が、やってきたことは何だったんだろ?と。



心よ、私がやってきたことって何?
私が帰省してあげないと、母さんが可哀想。
実家に顔を出せば父がいるから、姉も私も帰りたがらない。特に姉は父と仲違いしてる為に疎遠だ。
母の気持ちを考えると、せめて私だけでもと思い姉の代わりに帰省してた。
けれど、母が本当に会いたいのは私ではなく姉なんだと知りつつ、姉の代わりを自らやっていたのは誰に押し付けられたわけではなく私の意思だったのだけど、、、
でも、その行為が実になることはなかった😔😔😔



手前勝手な言い方になるけど、母を可哀想に思うから姉の代わりをしてきた。
姉の気持ちも分かるから、姉がしないことを私が代わりにやってきた(もちろん本当は、そうすることは本意ではなかったけれどやむおえず)。



けれど、「私の気持ちは」母にも姉にも関係なかったようで、すべて無駄に終わった。
私の行為に感謝して欲しかったのかな??私って、、、
本当は嫌だけどしてあげてるんだから、その気持ちに感謝しなさいよ!なんて、逆の立場なら有難迷惑というか「誰がそんなこと頼んだ??」と腹立たしく思うよね。
心の中で母や姉に、「私のお蔭でしょ、良かったね!」なんて、性格悪いよな〜(´Д` )



心からやってあげたいと思ってないくせに、偽善者になって頼まれもしないことをやってあげて、それで感謝されなければ腹が立ち、自分は報われなかったと嘆くのは違うよね😅😅😅
逆に嫌煙されるだけよ。
結局は、思い描いた反応が返ってこなかったことへの心理的なツケが回ってきてるんだろうな(ひとりコントしてる、笑)。



無駄に終わった、報われなかった。
どうもその思いが、心を重たくさせていたようだ。
だからなんだろうな、私がやってきたことは何だったんだろって思うのは、、、
けれどそこには、私利私欲があったはず。
そろそろソコに気づかなければならないよな、、、

ドメスティック・バイオレンス

フラワーレメディー「ハニーサックル」6日目。
クラブアップルを使っていた時に感じていた泣きたいのに泣けない感覚が、ハニーサックルによって少しづつ解消されています(夢を見て、泣きながら目を覚ますことが増えたので)。



何とも思ってないと感じていた相手のことが、実は好きだったこと。
そこに気付かされた時、「好きだ」という気持ちを封印していたんだなって痛感した。
私がその人のことを好きだということで、もしかしたら迷惑が掛かるかもしれないし周囲の人を傷つけることに繋がるのかもしれない。
けれど、人を好きになる気持ちは理屈じゃないんですよね。



だから、本当は好きだったんだね。思いを伝えたかったんだねと、過去の私をヨシヨシしてあげることにしました。
たとえ好きになってはいけない状況であるかもしれないけれど、好きになるのは理屈なんかじゃなく本能なんだと思う。理由なんかないの。
あ、これは独身時代の話なので、、、笑。



そして今日の夢は、「あゝ、やっぱりな、、、」と思わせる内容だった。
父がDV者だったことを再確認した夢に、べつに驚きもしなかった。
夜中にパッと目が覚めて、その瞬間に喉から胸元に掛けて痒みが走った。
痒くて痒くて堪らない。まるでアレルギー反応のようだった。
その時、確信しました。私は父にアレルギー反応のような嫌悪感を持っていたんだと。


詳しいことは書きたくない。
けれど、DVは人権を無視してる行為だと思ってる。
今だからこそシェルターハウスがあるけれど、私たちが子供の頃にはそんなもんなかったんじゃないかな?
それでも離婚しないのは、相手を怖れてるからだよね。洗脳されちゃうんだろう。


母を庇う気持ちはない。けれど、同じ女として女性の気持ちが分かるだけに、さぞかし母は悔しかっただろうと推測する。
子供時代には分からなかったことも、私が20代30代と年を重ねるごとに父に対して怒りが込み上げた。
父には、人権を尊重する気持ちなど更々なかったんだって分かってきて。



高校生の頃、(帰り道)自宅が近づいて来るごとに気分がとても重くなった。
またあの家に帰るのか、、、と。
歩く足取りが重かった💦💦💦
子供の頃から面倒くさがりだと思ってきたけど、面倒なんかじゃなく気が重かったんじゃないだろうかと思うようになった。
気が重い、何かにつけて気が重い💦💦💦
気が重いという言葉がピッタリだ!!



ハニーサックル」を摂るようになって、直ぐに気が重くなった。
なんでこんなに気が重いんだろって不思議。
何があるとか、何がこうだからとか、そんなもんない。とにかく気が重いんだ。
この気の重さの正体が知りたい。
まさか「マスタード」の反応が噴出するとは、、、
バッチフラワーレメディー マスタード10ml

追憶

フラワーレメディー「クラブアップル」15日目。
自信がないに使われるレメディーは、通常「ラーチ」が使われるのだけど「クラブアップル」を摂り始めてまもなくの頃、「あれ?もしかして私の自信のなさは、自己否定から始まる自信のなさだったんじゃね??」と思いだした。



私の人格を否定する姉からの心ない言葉、意図的に傷つけてやろうという気持ちが見え見えだった。
嫌な気分にさせてやろう、虐めてやろう、そんな気持ちが見え見えだった姉。
優越性に拘るがゆえ絶対に妹には負けたくないという姉の意地だったのかもしれないけれど、姉からの意図的な心ない数々の言葉に私はドンドン自信を失っていった(そこが姉の狙いだったんだと思う)。



言い方を変えれば、姉によって自信を奪われたんだと思う。
それはかなり昔のことであるけれど、日常的に繰り返されてると洗脳されちゃって「私って、そういう人なんだな」と思い込まされてしまうんだよね。
姉が言うとうりの人間なんだなって、私の性格や人間性はそんなに劣っているんだなって、信じ込んでしまうんだ。

けれど「クラブアップル」で、随分と自己否定が緩和された。



そして、、、
「クラブアップル」が思い出させたのは、高校2年〜卒業後にかけて2年ちょっと付き合っていた元彼のことだった。
何故こんなに彼を思いだし、果たせなかった過去を追い掛けてしまうのかなぁと不思議だったけれど、やっと理解できた気がした。



もしも交際が続いて同棲でもしていたら、こんな暮らしをしてたかな?それともあんな暮らしをしてたかなって、色々とイメージしてしまう。ここでまた私の空想癖が、、、笑。



彼と私は、境遇が似ていたのかもしれないなって、ふと思う。
彼の両親は離婚していて父親に引き取られ、私は両親揃っていても夫婦不仲で家庭内は暗かったし、姉はあのとうりだったし、お互い孤独や寂しさ、悲しさを埋め合うには最適な似た者同士だったんだと思う。
つまり、、、互いに傷を持ち寄り温め合うには最適な相手だったのかもしれない(?)。



傷を負っている人間なら、傷を持っている人間の気持ちが分かるはず(理解という意味で)。
互いに理解しあい共感する気持ちを求めていた私には、彼が必要だったんだ。
私は、姉にこの気持ちを求めていたんだよね。
けれど姉は、それを傷の舐め合いだと言って嫌がった。どうも私たち姉妹は、根本的に噛み合わないようだ。



、、、今朝テレビで中島みゆきさんの「時代」という曲が流れてきて、私は何かを刺激されてしまったようで、あれだけ泣きたいのに泣けなかったのに一気に流れでた涙にビックリしました。
皆さん同じだと思いますが、やはり私もこの年齢になるまでたった一人悲しみを抱え生きて来たんだなって感じてしまいました、苦笑。
どんなに共感してくれる相手が居たとしても、理解して貰えたとしても、自分の悲しみは自分にしか分からないのですよね。



「時代」という曲の歌詞のように、いつか「あんな日もあったよね」と心から思える日がやって来たらいいなって思った。
「懐かしさ」だけが残っているような日々、そんな日が来ることが私の願いです。
そこまで行ったら、もう過去を回想することもなく追憶して叶えられなかった思いにしがみつくこともなくなるだろうから、、、
その気持ちが、私には重いのです。
思い重いのです、笑。



今日は次のレメディーを買いました。
バッチフラワーレメディ ハニーサックル 10m
指針は「今この時」です。

巻き込まないで欲しかった

このところ体調が思わしくなかった。
ほてりと冷え、夜の不眠と日中の眠気、倦怠感、頭痛、その他の症状が一気に押し寄せ風邪っぽさも感じてました。
風邪なのかホルモンバランスの乱れなのか、高麗人参好転反応なのか、それとも「クラブアップル」の好転反応も含みなのか、何が何だか分からない1週間だった。
すべてが複雑に絡み合ったのかもしれないけど。



フラワーレメディー「クラブアップル」14日目。
亡くなった人の夢ばかり見る(祖父母、母)。
泣きながら目を覚ますことが多い。



夢の終わりは、いつも決まって同じことを思って目が覚めるんだ。
自分の身の回りに起こること、自分自身のことも含み、すべてをコントロールしたがっていたんだと気がついた。



目覚めて思った。
たとえば両親不仲であれば、それを何とかしようと思うのは子供の責任ではない。
まるく収めるために、どちらかのカタを持ち協力する姿勢も子供の立場においてしなくても良いことなんだろうと思うようになった。
それをすればするほど、親は子供の善意に甘え結論の先送りをしたり、強いては夫婦間の課題に子供を巻き込もうとして来るんだってことに、今の今まで気づけなかったことが悔やまれる。
たいがいは、母親の味方に取り込まれてしまうのだ。



「クラブアップル」を摂るようになって、こう思うようになった。
私は随分と、両親不仲(家庭内不和)の問題に取り込まれ過ぎたなって。
(私の問題じゃないのに)子供を引っ張り込み家族全体の課題であるかのように、母から思わされていたんだと初めて知った(気づいた)。



夫婦間の課題なんだと自覚して、自分たちで決着つければ良いことなのに、子供を巻き添えにして如何にも家族全体の課題であるかのようにすることで、母には何の利益があったのか(?)。
母のズルさが垣間見えた気がした。



親から電話がくる時は、必ずどちらかが倒れた時だった。
そんな時ばっかり電話がくる。普段は放っておいたら10年だって連絡して来ないくせに、そんな時ばっかりだ。
(ここでしか言えないから言わせて欲しい)ウザいんだって!!
そっちはそっちで解決して欲しい、煩わしいことはコッチに持って来るな!!
そう思うのは冷たすぎるでしょうか?いや、、、きっと冷たいんだろうな。



私がそう思うようになってしまったのは、きっと子供時代からの延長なんだ。
夫婦間の課題なのに子供を巻き添えにして、、、、
だから、今になってまで巻き添え感を味わいたくないがゆえ、煩わしく思ってしまうんだと此処にきて初めて気づいた。



そして、何故か分からないけれど泣きたい気分。
涙が胸に溜まってる感覚が、ずーっと続いてる。
泣きたいのに泣けないの。



今は、とりあえず緊張から解き放たれ、思いっきり涙を流したい、、、
実家にいた頃、とりあえず毎日が緊張の連続で身も心もカチコチで過ごしてたことを思いだした。