読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜トラウマのしっぽ〜

バッチフラワーレメディーの経過を綴っています。幾重にも塗り重ねられたドロを、お花のエネルギーで浄化して、持って生まれた魂の本質にもどりたい。生きやすさを感じられるように。

柵(しがらみ)

フラワーレメディー「スクレランサス」10日目。
しがらみ。



こうしたい、ああしたい、と、色々あっても何故か心が自由じゃない。
何かにせき止められて、そこから思うように進めないかんじ。
それが邪魔になって身動きとれないもどかしさ。
気持ちは決まっていても、実行して良いのかな?という疑念が付き纏う。



思うとうりにしても良いのかな?
やっても良いのかな?
決めても良いのかな?
……これって私の我儘になってしまわないかな?



等々、考えてしまって決断できないことが多かったな。
相手や周囲から、我儘とか自分勝手な人と思われたくないから、そう思われないような決断をしたくていつも迷ってた。
どっちを選んだら、そう思われなくて済むんだろ?って。
それを考えれば考えるほど、もっともっと決められなくなってしまう。



母の呪縛。
自分のことは、自分で考えなさい(決断)と言うわりに、自分で結論を出すと「相談しないで決めてしまう。自分勝手だ」と。
言えば言ったで自分で考えろと言い、言わないで決めると自分勝手だと罵られ、いったいどっちにしたら良いんだ?
どっちにしたら母は満足したのだろう?…、そもそも母の気まぐれ(その時々の気分で言うことが変わるだけ)。
一貫性のない人だなとは、子供の頃から思ってたけど、子供にしたらダブルバインド掛けられて戸惑うのよ。



こうしたらこう言われるっていうパターンが分かっているから、言われない程度の答えを出そうとしてたら(母の軸)、いつも迷って決められなくなった(?)。



自分を(母から)取り戻す作業をしないとな、先ずはそこからなんだ。
今までうちの母は、毒母ではないと思ってた。
けど、毒母だったのかもしれない(一見、毒母には見えないけれど)。
母の呪縛、ダブルバインド(自分から離れて行かないように巧みな言葉で子供を惑わせる)。
自分から離れて行かないようにという部分が、一番のポイントになるのだろうな。
いつまでも、母を必要としていて欲しい、母から離れて行かないで(寂しいから)、そんなとこか。
自分の寂しさを埋めるため、エゴのためじゃないか(?)。
やっとそのことに、今頃になって気がついた。



私を、せき止めていたのは母だった。
母という「しがらみ」から離れたい。
「しがらみ」から離れ、心の自由を取り戻したい。

そうしないと、いつまでもこのままだから。

愚痴でごめんなさい

こちゃこちゃした環境。
もう関わりたくないわ
😤
と、言っても、勤めてるとそうは行かず、もろに被ってくるんだよな💦💦💦
少し落ち着いて働かせてもらいたいわ💢
詳しいことは書けないけれど、どうとかこうとか知らんがな!
その波紋が及ぶ。



こちゃこちゃのループ。
カオスなんてもんじゃない。
頭がおかしくなる。
部外者で在れるなら一番いい(退職)。
関わりたくない、こっちに波紋を寄せるな!!!



一人の言動が、ものすごい波紋を与えている。
たぶん本人は、ここまで影響を与えてるなんてこと知らないはず。
早い解決を望む。
こちゃこちゃに巻き込まれ迷惑してます💢
此方に波紋が及ばないのなら、べつに良いのだけど…

愛を乞う

フラワーレメディー「スクレランサス」9日目。
勝手に期待する。



自分の願望に近づけるかも?というエゴから、相手に期待しては落ちるを繰り返しては裏切られたと思い込んだ。
それは裏切りではなく、勝手に抱いた期待ということを私自身が忘れていたのに、責任転嫁してたことにやっと気がついた。



昨日の夜、むかし読んだことがあるこんな本を思いだした。

愛を乞うひと (角川文庫)

愛を乞うひと (角川文庫)

どんなに虐待されても母の愛情を求める(叶うことはないのに…)。
そんな内容だったと思う。



そして父を思いだす。
父の愛情を欲し、今度こそは…と何度も父に期待した。
けど、その度に絶望しては落ちた。
結局この人は「変わることはないんだ」という、諦めと絶望。
父に、変わって欲しかった。
そのことを諦めたくなくて、見捨てたくなくて、執着してた。
そんな気持ちと、この本がダブってしまった。



今度こそ、「愛がもらえる」のではないか?という期待。
それは今でも叶うことがない。
もう、そんな期待はするな!ということなんだ。



それでも欲しかった。
どうしても欲しかった。
父親の愛情が…

躍らされてる

ストレス喰いかもしれないと思うほど、食べても食べてもお腹が空きます。
あまり時間が経たないのに、また空腹感をおぼえます。
カレーライスやスパゲティも、おかわりしたくなります(これじゃあ二人分ですね)。
満腹感を感じるのは「脳」だから、やっぱりストレス脳なのかも😂



フラワーレメディー「スクレランサス」8日目。
夢の中で流れてた曲♬

【超高画質】岩崎良美 タッチ


*曲調が良く、歌いやすいキーなので昔はカラオケでよく歌ってたなぁ、、、


人の言葉に惑わされ、気持ちが変わりやすい。
その性質は子供の頃からだった。
よく言えば、どの色にも染まりやすいと言えるかもしれないけど、ここぞという時にカメレオンみたいに染まってしまうのはどうかと思う。



おいしい言葉を掛けられると、直ぐに反応して勝手な期待をしてしまう。
その期待が早々に跳ね返って来ないと、イライラしちゃう。そして一喜一憂。
他者の言動によって、自分の気持ちがアップダウンしてるだけ。馬鹿みたい💦
昔から、そういう傾向にあったなと思いだす。



誰かの言葉に喜び、誰かの言葉に憂い、本当そういうのって疲れるわ(自分が悪いんだけど)。
他者の言動によって、振り回されてるだけで自分軸じゃないもんな。
誰に何を言われても(善悪どちらも)、「言葉に惑わされない」そんなふうになれたらイイなって思う。
お上りさんになったり、ドーンと沈んだり、人の言葉に一喜一憂してる限りそれは続くんだと気づいた。
影響され過ぎ。



そこに気づいた時、最近まわってきた話(部署移動の件)を思いだした。
話を聞かされてヤッター!と心の中でVサインしたけど、それは決して本決まりの話ではなくもしも〜〜だったらという仮定の話で、実際あれから何も言われてない。
勝手に浮かれポンチになってた、苦笑。



人の言葉に躍らされてる自分が恥ずかしくなる。
もう少し自分を冷静に見るようにしないとな、、、これがまた難しいんだけど😅

早とちりで落ち着きがない

フラワーレメディー「スクレランサス」7日目。
自覚はあったけど、こうと思ったら気持ちだけ先走り現実が追いついてこないジレンマに、いつもいつもイライラしてた。



自分と時間が噛み合わない、自分の先走る感情に周囲がついて来れない感覚。
自分の中の時計はドンドン先へ先へと動いているのに、周囲の時計はゆっくりゆっくりと進んでる気がする。



私のペース(時間の感覚)と、周囲のペースは全く正反対。
相手が絡むことだと、私のペースだけで進めて行くことが出来ない。
似たり寄ったりの感覚の相手だとさほどイヤではないけれど、なかなか解答を出してくれないとイライラしちゃう。
頭では分かっていても、心が早く解答を欲しがってるかんじ、ヤキモキする。



*「スクレランサス」の下層に「インパチエンス」が隠れてたよ!



なかなか決められず優柔不断なのは、早く早くと急き立て焦りの気持ちだけが独り歩きして落ち着いて考えられなかったからじゃないだろうか。
気持ちがセカセカしてたら、何をどう考えたら良いのかさえ分からなくなる(パニック)。
ゆっくり落ち着いて考えるということが苦手だった。
結論を出すことが先で、気持ちは置いてきぼり。
けど、置いてきぼりにされる心は「私の気持ちを考慮してよ〜」と暴れ出すから、なおさら答えが見つからない。



「早く結論を出さなければならない」という思い込み。
早くしなきゃ、早くしなきゃ、、、
考えが纏まらないことが、余計に私を焦らせる。
気が急いてるから考えられないのに、結論を出せなくて更に焦る。悪循環。
なんでそんなに焦って答えをだそうとするのか?
早く結論を出さなければと思ってしまうのか?
その割に、早く落ち着きたいと思ってる。
落ち着きたいから、余計に焦る。
落ち着くことが、私の望みになってる。



落ち着きたい。

一喜一憂

フラワーレメディー「スクレランサス」5日目。
肛門にピリピリとした痛みを感じ、少しだけ腫れてるような気がします(痔かな?苦笑)。
スピリチュアルな意味合いでは、これじゃいかん、これじゃいかん、と焦って落ち着いて物事を考えられなかったり、結論を出すことに罪悪感を持っていると痔になるようですよね。



そして、整理整頓(部屋)をしようかと思うようになり始めました。
掃除も水回りはこまめにするのだけど、部屋は掃除機をかけて終わり(水拭きは面倒くさい)。
段々と棚のゴチャゴチャも目についてきました。



整理整理をしようと思っても出来ない(したくない)時って、腹が決まらない(腹をくくれない)からだそうで、それを知った時ギョッとした、笑。



なんかさ、焦るだけ焦って落ち着いて考えられずこれじゃいかん、これじゃいかんって思いながらも空回りで、いつまでも腹をくくれない自分がいたから満更でもないスピリチュアルな意味合いにゾッとした。
これはもちろん仕事の件ですが。



身体って正直ですね。
心をそのまま映しだしてるんだ。



一喜一憂。
誰かの言葉に舞い上がり、誰かの言葉にシュンとなり、人の言葉に惑わされる自分が嫌だなぁと思う。
自分はこうしようと思っていても、誰かが〜〜だよと言えば「そうか。。。」と思って気が変わる。
そんな自分も、何だかなって思う。
それじゃあ自分の意思とか気持ちとかあるの?簡単に気が変わるなんてと、たったいま思った。
そういうことが多かったことを、今更ながら思う。



気持ちは決まっているはずなのに、人の言葉に惑わされる。
簡単に気が変わるから、相手からはちょろいって思われがちだったのかもしれないな(?)。
思いあたるふしあるし💦💦💦



そういえば姉から言われたことがあった。
「人の言葉に、一喜一憂する」と😅



人の言葉に惑わされない自分になりたい。

尽し甲斐がないのだよ

尽くすことが嫌い。
若い頃からなんだけど、特に男性に尽くすことが嫌で自分で出来ることは自分でして欲しいと思ってました。
交際している相手にも同じくで、男に手を掛ける(世話をする)のが面倒くさかった。
じゃあなんで結婚したの?ってことになっちゃうけど、笑。



で。なんでこんなに男性に尽くしたり、面倒をみることが嫌なんだろうと不思議だったけれど、ついに気づいてしまった。
アメブロのあるブロガーさんの記事を読んで、答えは「これだ!これに間違いない」と確信した。



どんなに頑張っても、どんなに努力しても、どんなに我慢しても、「もっともっと」を望む父だけどそれでも愛されたくて、一度でも良いから褒めて欲しくて従ってきたけれど、それが叶うことはなかった。
父に可愛がって貰えるように自分なりに頑張った(尽くした)、けれど可愛がって貰えることはなかった。
何をしてやっても喜ぶことをしない父、何をしてもダメ出しされる。
そんな父に「あゝ、この人は尽し甲斐のない人だな」と感じるようになった。



尽し甲斐がない人に尽しても、骨折り損のくたびれもうけなのよ。
尽くすことが堪らなく嫌だったのは、「父」が根っこだったんだとハッキリ分かった。
たしか、そのブロガーさんも同じようなことを書かれていたんだよね。



私は何故に世話を焼いたり手を掛けたりするのが面倒くさかったのか、その理由が分かってスッキリした、笑。



仕事のこと。
私、舞い上がってたのかな(部署移動の件)。
そういえば去年も似たようなことがあった。
その時も上長からある提案を頂き、私もその気になって待っていたことがありました。
体制を整えるためのプロセスを途中までしていた気配は感じていましたが、気づいたらその話はいつの間にかお流れになっていたんですよ。



あの時、勝手に喜んで勝手に期待していたことを思いだしたの。
まさか今回も…?
おちょくられてはいないと思うけれど、そうやって心意を試されているのでしょうか?
一応はそのつもりで動いてくれているかもしれませんが、無理があるんですよ。
どんな無理かというと、私が在籍している部署は究極の人員不足だから。
なので今回も…お流れになってしまっても不思議ではない気がしてきましたよ💦💦💦