〜トラウマのしっぽ〜

バッチフラワーレメディーの経過を綴っています。幾重にも塗り重ねられたドロを、お花のエネルギーで浄化して、持って生まれた魂の本質にもどりたい。生きやすさを感じられるように。

怖いから現状維持

フラワーレメディー「ホワイトチェストナット」10日目。
怖れていることが現実になったらどうしよう、自動的にカチッとスイッチが入り二の足を踏む。
本当はこうしたいという思いがあっても、今を我慢してでも前進することをしない方を選び取る癖。
その癖で、どれだけ自分がやりたいこと等を抑圧してきたか、それを思うときっと沢山のことを棒に振って来たはずだ。



怖い、怖いんだ。
絶対にこうはなりたくない、それがもし現実になったらどうしよう、そればかり考えてしまう。
だから、怖れている事態が起きない方法を考えるんだけど、良いアイディアが浮かばずグルグル思考が止まらない。



「怖い」というキーワードだけを考えると、「ミムラス」だけど何かピンと来ないんだよね。
予期した事態が起きないか心配ばかりして行動に移せない、そこなんだよ、そこ!
で、思い浮かんだレメディーはこれです。
バッチフラワーレメディ ラーチ 10m



……怖れている事態が実際に起こったら嫌だから、本意ではないけど違うことをして凌ごうとする。
だけどそれは、そもそも本意ではないので心理的に満たされず、逆にストレスが溜まる。
でも、怖いから本音に沿った行動が取れない、そしていつしか嫌々それを続行している自分に対して嫌気がさす、その繰り返しだったと思った(現に今も)。



もう、そんなことは辞めたい。
それをしていたら、いつまで経っても同じことの繰り返しで「自分が自分から離れて行く」気がする。
頭と心が分裂してる。

高い水準なんか、求めるな!!

思えば叶う。
実は、新しいブラジャーが欲しいなぁと思っていたのですが、ワゴンセールで見つけました。
なんと200円ですよ(びっくり)!!
あまりにも安いので何度も価格を確認してしまいました、笑。
こんなに安いなら疑わしいですよね、けど、ちゃんとした商品なんですよ(たぶん在庫整理なんだろうと思います)。
ラッキーでした、何でも覗いてみるもんですね😜



フラワーレメディー「ホワイトチェストナット」8日目。
(一人で)カフェでお茶をしながらボーッとしていた時、高校生の頃を思いだしました。
そういえば「日本史」が好きで、試験勉強を頑張りました。
答案用紙を返してくれる時、先生が一言「頑張ったな!」と一言添えてくれたんです。
点数を見ると、自分でも驚くほど点数が良かった。



そうなんですよね、好きなことって苦じゃないんですよね。
勉強だって楽しいし、楽しいから勉強するの。
苦手科目は勉強しないし、しても嫌々やってるから頭に入らないんですよね。きっと無意識に拒否してるんだと思います。
物事って意外とシンプルなのかもしれない。
好きか嫌いかなんですよね。



そこに気づいた時、仕事も同じだと思ったの。
嫌いなことを仕事にしてるから、嫌だっていう気持ちが溢れてしまう。
「なんで?」と訊かれても、嫌なモノに理由なんかないんですよね。
いや、、、理由は多分「魂がソレは違う」ってサインを送ってくれてるんだろう。



考えてみれば褒めてくれるのは「学校の先生」だけだった。
教師ってすごいね、子供のことよ〜く見てる。見てないようで見てる。
その子の良いところを、ちゃんと見てるのが教師なのかもしれない。
親すら褒めてくれない、認めてくれない、そういう部分をちゃんと見てるのが教師なのかも。

それを思うと、今になって先生たちに感謝の気持ちが溢れてきた。



強い自己否定と罪悪感。
今日、気づいてしまった。
こんな自分が嫌いだと。
嫌で嫌で堪らないのは、「こんな自分」なんだと。



自分で、自分を否定して責めまくる。
「なんで私は、こうなんだろう?」「なんで私は、同じことを繰り返すんだろう?」、、、
ダメな部分ばかりに目が行って、責めて責めて責めまくる。
認めてないのは自分だったんだな。
そのせいで落ち込んだりイライラしたり、気分が安定しない。



親に否定され、自分が自分を否定していたのでは、浮かばれないよね💦💦💦
気分がどんよりして重たく感じたり、何でも億劫になって面倒くさくなったり、そうなってしまうのも無理ないわ😫😫😫
自己肯定感がないのよ。



自己否定と罪悪感について調べてみたら、そうなってしまうのは幼少期の家庭に問題があるそうだ。
親が子供に高い水準を求めたことがネックになり、子供は自信もヤル気も喪失してしまい肯定できない人間になるらしく、うつ病になってしまうのもソコが原因の一つみたいだ。



親が「もっと、もっと…」を子供に望み、子供は親の期待に応えられない。
それが子供に無力感を感じさせ、ダメな自分だと思わせてしまう。悪循環ですね。
もともと鬱病は頑張り過ぎが原因なんだよね(と、思う)。
頑張らなくても、そのままで良いんだよって思ってくれたら(ありのままを肯定してくれたら)、、、



うちの父もそうだった。
子供には愛の欠片も見せないくせに、そういうとこだけは高い水準を求めてきた。
だいたいさ、子供を使って自分の劣等感を晴らそうなんてすんなよ!
子供は、親の、アクセサリーじゃないんだよ!!!
子供には、子供の、人格ってもんがあるんだよ。
あ〜イライラする😡😡😡笑、私は、そういうとこが嫌だった。

我慢のしすぎ

フラワーレメディー「ホワイトチェストナット」。

あるドラマを見ていて「これかも?」と感じた。



ドラマの中で、子供が警察に補導された。
母親は、子供を強く叱りつけた。
それを見ていた祖父が、娘である母親に言った「お前は仕事にかまけて、子供から心が離れていたんだよ」と。
祖父の言葉で孫が心の内を語り始めたシーンは、印象的でした。



我が家の母娘関係に通ずるなって、、、

今だから理解も出来るけれど、母だって家族以外の人間関係があって、もちろん自分だけの悩みも抱えていたはず。

働きながら家事もして心身共にくたびれていたはずだ、けれど、子供だった私には「見えなかった」。母の気持ちが。

当然、子供から心が離れるわけですよね。

私は、寂しかったんだと気づきました。

同じ屋根の下で暮らしながら、身体は此処にあっても「こころ」がないことが堪らなく寂しかった。



保護力、、、護られてるという実感が持てなかったの。

愛されてる、気に掛けて貰えてるという実感が持てなかった。

ひたすら寂しさと孤独に堪える、それしか出来なかった。

寂しいと言えば良かったのか、いや、、、言っても振り払われたと思う。

小さな時から、寂しさと孤独に堪えることを強いられ、近寄ると振り払われ、本当にひとりぼっちの感覚。



大人になってから、時に自分の気持ちを抑えられなくなりそうで、本当の気持ちを相手に知らしめたくなり、抑え難い衝動に襲われるのは、その名残だろうか。

我慢と抑圧のし過ぎで、もう、これ以上は無理!と衝動的に思いを出したくなる。

自分で、コントロール出来なくなりそうな時があった。それでも抑えたけど。

、、、またそこで、自分の気持ちを抑え付けちゃうんだよね💦💦💦



そんな気分の時は、、、
バッチフラワーレメディ チェリープラム 10m

代償を払いたくない

フラワーレメディー「ホワイトチェストナット」7日目。
どんどん気分が沈み、気持ちが重くなる。



罪の意識、つぐない、代償。
「ホワイトチェストナット」で、まさか「パイン(罪悪感)」の症状が出てくるとは思っていなかった。



あることについて、たしかに罪なことしていると思ってはいたけど、当時はさほど罪悪感を持っていなかった。
むしろ、それを楽しんでいる自分がいた。



いま思えばストレス発散の捌け口として、楽しんでいたんだと思う。
そんな発散の仕方、そんなエネルギーの補給の仕方しか出来なかったんだな。
楽しむ度に増えていく罪悪感を、見て見ぬ振りしていた。
その罪悪感を感じなくて済むように、何度も何度も繰り返すんだけど、それが罪悪感のループに嵌るなんて知らずにいたんだ。



意識の上では忘れていても、(罪悪感が)私の中の底の底に沈澱してるから潜在意識はずっとサインを送ってくるんだね。「罪悪感に気づいて!」と。



もしかしたら、帳消しにしたかったのかな。
嫌だけど我慢して苦しい道を選ぶことで、罪を帳消しにしたかったのかな。そんなことで消えはしないし、罪悪感がなくなるわけじゃないのにね。
自分が、自分に、罰を与えてたんだと気付かされた💦💦💦



昨夜、夢を見ました。
夢の中で、不倫相手の奥さんにバレて慰謝料を請求される夢でした。



この夢は、とても気付きを得やすく分かりやすい夢だなって思った。
何でも同じことが言えるのでしょうけど、代償を払いたくなかったんだと。
そして、自分の行いを償うために自分が、自分に、罰を与える意味で本当は嫌だけど我慢して(本心に背いて)やってるんだと、、、



もう、自分に罰を与えるのは辞めたい。
罰を与える代わりに、喜びを与えてあげたい。
罪悪感には、こちらのレメディーを、、、
バッチフラワーレメディー パイン10ml

明るくなりたい

フラワーレメディー「ホワイトチェストナット」。

受け容れたくなかったのは、自分の人生ではなく、もしかしたら「父親」だったのかもしれない。
sonia710.hatenablog.com

あんな父でも「愛せますか?」と、今世の課題を背負って生まれてきたのかな?
sonia710.hatenablog.com

溢れてきそうな感覚は、泣きたいような気がするのは、父親への執着かもしれない(?)。
sonia710.hatenablog.com



なんぼ父親の愛情に飢えて育ってきたのかと。

吹っ切りたい、その思いを。

吹っ切りたい、その執着を。

父親から愛情を掛けて貰えなかったこと、ああいう性格な父親、もう良いじゃん!そう思えるようになりたい。

そこに拘らない私になりたい。

そうしたら、本当に明るい私になれるような気がするのに、、、



明るく暮らしたい。

「愛」の意味

「愛」を知るために、生まれてきた。

Jupiter - 平原綾香
(前記事に、繋がる意味合いで載せました)

趣向の問題

フラワーレメディー「ホワイトチェストナット」5日目。
バランス。



ホワイトチェストナットを使い始めて、「バランス」という言葉が浮かんでくるようになった。
そうなんだよね、バランスなんだよ。
何事も偏りがあると、バランスが取れないんだよね。



振り返ると思考に頼ってばかり、何かいい方法はないかと考えてばかりだった。
一人で煮詰まっていても、いいアイディアなんか浮かぶはずもなく、どんどん萎えていくだけ。
そのうち気持ちまで暗くなって、何をする気にもなれなくて、動けなくなって、頭脳疲労を起こしてた。



悩み癖のある人は、身体を動かすと良いそうだ。
人間は、身体を動かしながら、悩み事をすることが出来ないそうです。
うん、たしかに、、、仕事してる時には悩んでないもんね、笑。
動けなかったのは、考えてばかりだったからなんだ、苦笑。



もう一つ、悩み癖のある人は「悩むこと」が好きなんだと思う(私も認めたくはないけれど)。
悩むことが一種の嗜癖、趣向の問題なのかもしれないとコレを書きながら思った。
え?悩むことが趣向?趣味???そんなことないよ😲😲😲
好きで悩んでなんかないよ!!!ずっとそう思ってたし、今もそう思ってる。
現実を良くしたいから、苦しみから解放されたいから、だからなんだよって思ってた。



気分の切り替えが早い人は、悩むことが好きじゃないのかもしれないな、、、
趣向じゃないから、べつのことで気を紛らそうとして切り替えられるんじゃないかと。
私からすると、切り替えの早い人が羨ましかったけれど、趣向の問題だったのかもしれないと思うようになってきた。



実は「ホワイトチェストナット」を買うか、「ホーンビーム」を買うか、迷った。
理由は動くのが億劫で、意欲に欠けるから、笑。
動くのが億劫で、何事も面倒くさがりで、先延ばし癖もあってなかなかエンジンが掛からない。
その根っこは、思考に偏り頭で何とかしようとし過ぎて頭脳疲労、要は悩み癖が原因を作ってたのよね、苦笑。やっぱり「ホワイトチェストナット」を買って、正解でした。



追伸。
何かが溢れてきそうな感覚が、、、
胸に何かが溜まっていて、それが溢れてきそう。
泣きたいような気もします。



そして、寂しいという気持ち。



さ、今日はお仕事です。
それでは( ^_^)/~~~