読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜トラウマのしっぽ〜

バッチフラワーレメディーの経過を綴っています。幾重にも塗り重ねられたドロを、お花のエネルギーで浄化して、持って生まれた魂の本質にもどりたい。生きやすさを感じられるように。

早とちりで落ち着きがない

フラワーレメディー「スクレランサス」7日目。
自覚はあったけど、こうと思ったら気持ちだけ先走り現実が追いついてこないジレンマに、いつもいつもイライラしてた。



自分と時間が噛み合わない、自分の先走る感情に周囲がついて来れない感覚。
自分の中の時計はドンドン先へ先へと動いているのに、周囲の時計はゆっくりゆっくりと進んでる気がする。



私のペース(時間の感覚)と、周囲のペースは全く正反対。
相手が絡むことだと、私のペースだけで進めて行くことが出来ない。
似たり寄ったりの感覚の相手だとさほどイヤではないけれど、なかなか解答を出してくれないとイライラしちゃう。
頭では分かっていても、心が早く解答を欲しがってるかんじ、ヤキモキする。



*「スクレランサス」の下層に「インパチエンス」が隠れてたよ!



なかなか決められず優柔不断なのは、早く早くと急き立て焦りの気持ちだけが独り歩きして落ち着いて考えられなかったからじゃないだろうか。
気持ちがセカセカしてたら、何をどう考えたら良いのかさえ分からなくなる(パニック)。
ゆっくり落ち着いて考えるということが苦手だった。
結論を出すことが先で、気持ちは置いてきぼり。
けど、置いてきぼりにされる心は「私の気持ちを考慮してよ〜」と暴れ出すから、なおさら答えが見つからない。



「早く結論を出さなければならない」という思い込み。
早くしなきゃ、早くしなきゃ、、、
考えが纏まらないことが、余計に私を焦らせる。
気が急いてるから考えられないのに、結論を出せなくて更に焦る。悪循環。
なんでそんなに焦って答えをだそうとするのか?
早く結論を出さなければと思ってしまうのか?
その割に、早く落ち着きたいと思ってる。
落ち着きたいから、余計に焦る。
落ち着くことが、私の望みになってる。



落ち着きたい。