読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜トラウマのしっぽ〜

バッチフラワーレメディーの経過を綴っています。幾重にも塗り重ねられたドロを、お花のエネルギーで浄化して、持って生まれた魂の本質にもどりたい。生きやすさを感じられるように。

柵(しがらみ)

フラワーレメディー「スクレランサス」10日目。
しがらみ。



こうしたい、ああしたい、と、色々あっても何故か心が自由じゃない。
何かにせき止められて、そこから思うように進めないかんじ。
それが邪魔になって身動きとれないもどかしさ。
気持ちは決まっていても、実行して良いのかな?という疑念が付き纏う。



思うとうりにしても良いのかな?
やっても良いのかな?
決めても良いのかな?
……これって私の我儘になってしまわないかな?



等々、考えてしまって決断できないことが多かったな。
相手や周囲から、我儘とか自分勝手な人と思われたくないから、そう思われないような決断をしたくていつも迷ってた。
どっちを選んだら、そう思われなくて済むんだろ?って。
それを考えれば考えるほど、もっともっと決められなくなってしまう。



母の呪縛。
自分のことは、自分で考えなさい(決断)と言うわりに、自分で結論を出すと「相談しないで決めてしまう。自分勝手だ」と。
言えば言ったで自分で考えろと言い、言わないで決めると自分勝手だと罵られ、いったいどっちにしたら良いんだ?
どっちにしたら母は満足したのだろう?…、そもそも母の気まぐれ(その時々の気分で言うことが変わるだけ)。
一貫性のない人だなとは、子供の頃から思ってたけど、子供にしたらダブルバインド掛けられて戸惑うのよ。



こうしたらこう言われるっていうパターンが分かっているから、言われない程度の答えを出そうとしてたら(母の軸)、いつも迷って決められなくなった(?)。



自分を(母から)取り戻す作業をしないとな、先ずはそこからなんだ。
今までうちの母は、毒母ではないと思ってた。
けど、毒母だったのかもしれない(一見、毒母には見えないけれど)。
母の呪縛、ダブルバインド(自分から離れて行かないように巧みな言葉で子供を惑わせる)。
自分から離れて行かないようにという部分が、一番のポイントになるのだろうな。
いつまでも、母を必要としていて欲しい、母から離れて行かないで(寂しいから)、そんなとこか。
自分の寂しさを埋めるため、エゴのためじゃないか(?)。
やっとそのことに、今頃になって気がついた。



私を、せき止めていたのは母だった。
母という「しがらみ」から離れたい。
「しがらみ」から離れ、心の自由を取り戻したい。

そうしないと、いつまでもこのままだから。