読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜トラウマのしっぽ〜

バッチフラワーレメディーの経過を綴っています。幾重にも塗り重ねられたドロを、お花のエネルギーで浄化して、持って生まれた魂の本質にもどりたい。生きやすさを感じられるように。

どうせ信用されてないし(追記あり)

仕事。
基本的に言い訳はしたくないから言わないけれど、なんかもう嫌になって来ちゃった。
言わないから、言わない分ストレスとして鬱積してしまうのかもしれないけれど。
昨日も上長にあるコトを言われて、「私にばっかり…、他の人には言わないのに」って思うことがあった。
同じことをしても他の人間には言わないのに、私には言うんだよね(言いやすいのか?😡)。



今まではプラスに捉えようと努力してきた。
立場を逆にして考えて、私が上長なら…と。
部下に注意する時は、やはり間違った仕事の仕方はして欲しくないことから注意するはずだ。
もう一つは、のびしろがあると思われる人間には言うだろう。



素直に受け取れない自分に問題があるのか?
言われるってことは、言われるなりの理由があるはず。
良く受け取れば育って欲しいということかもしれないけれど、私には信用されてないんだとしか思えなくてね。
開き直りみたいになっちゃうけど、「ふん。どうせ〜〜だと思ってるんでしょ😡」そんな気分になってしまうんだよね。
素直じゃないなぁ、子供っぽいよなぁ、そりゃあ私だってそういう自覚は持ってますよ。けど、どうしても思えないんだよな💦



最近は(それを)如実に表現している自分がいて、上長にどう思われてもイイやってかんじです。
私の被害妄想や誤解かもしれないけれど、それでもあからさまに表現する時もあります。
今までは、ソレをすることに罪悪感があったので慎むことをしてきました。嫌な気分を味わせてしまうから。
けどさ、相手を不快にさせないようにして、そのぶん自分が不快になって、不快感を我慢してるなんてパワーバランスが悪いんじゃないかと。



何やかんや言っても、信用されてないことが一番ショックだし意欲も削がれるんだよね。
(自分が、信用されてないんだと思い込んでるだけかもしれないけど)
最近は頑張ることが、馬鹿馬鹿しく思えてなりません。
どうせ信用されてないし・・・苦笑。



*追記*

指導してるかのように見せかけて、実は「虐め」であったということもありますよね。
本人や周囲に気付かれない程度の巧妙な手口(気付かれない程度というのがポイント)。

上長がそういうタイプだとは思いたくないし、これまでも思ったことはなかったけれど。
同じことをしても他の人には言わないのに、私にだけ言ってくるってことはそういうコトなのかもな(?)、疑いたくないけれど。