読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜トラウマのしっぽ〜

バッチフラワーレメディーの経過を綴っています。幾重にも塗り重ねられたドロを、お花のエネルギーで浄化して、持って生まれた魂の本質にもどりたい。生きやすさを感じられるように。

何の役にも立たないマイルール(それが苦しい)

仕事のこと。
異動しても、やっぱり今の部署から100%離れることが出来ない模様💦💦💦
結局は、どっちもこっちもみたいだ😨😨😨
良いこと言っておいて、結局はハメラレタ(と、思ってる)。
個人的には騙されさ気分。



本当なら、働かせてくれる場を与えて貰えてることに感謝しなくてはならないんだけど、我が先に立ち感謝できない自分になっている(不平不満)。
言い訳になるけど、裏を返せば「それだけ我慢してきた」ことの裏返し。



周りを見ていて思うんだけど、そんなに嫌そうじゃないんだよね(仕事していて)。
ガチガチにストレス溜まってるようにも見えないのよ。
同じ環境にいて、同じ仕事していて、この差は何だろ?って思う。
やっぱり私の捉え方、考え方、感じ方に問題があるんだろうね。



フラワーレメディー「オーク」13日目。
夢を見て、泣きながら目を覚ました。



内容はよく憶えてないけど、ハッと気付いたのは私って不安だったんだなって。
その不安をひた隠しにして頑張っていたんだと。



夢の中で、頼り甲斐のある男性と思わしき人が、私の背中を撫でてくれた時、それまで一人で堪え忍び、不安を打ち消すかのようにしていた気持ちがフッと溶けてしまい、涙がポロポロポロポロ溢れ出し嗚咽した。



(よっぽど不安に負けないように、一人で頑張ってきたんだな〜って思うと何とも言えない気分になった)



本当は誰かに頼りたかったし、助けても貰いたかった、それが出来なかったのはやはり家庭環境が大きな起因だと思ってる。



ふと母を思いだした。
母はきっと不安だったんだ…
その不安に潰されないように、必死で一人堪え忍んでたんだ。
そんな母を見ていて、私は側に近寄れなかった記憶があります。
側に寄ると追い払われ、私はいつもひとりぼっちだった(幼少期)。
負の連鎖なんですよね、母が苦しそうにしていると子供はそれを感じて近寄ることに遠慮しはじめ、そしてまた子供自身も一人で堪え忍ぶことを覚えてしまう。



私の中に、縛りがある。
マイルールのようなものかもしれない、それは昔々身に付けたもので、今は何の役にも立たなくなってしまったもの。
未だにそれを活用していて、自分で自分を苦しめてるような気もする。
縛りを解き、ふわっと楽になって、柔らかに生きて行きたいのにソレが出来なくて辛い。