読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜トラウマのしっぽ〜

バッチフラワーレメディーの経過を綴っています。幾重にも塗り重ねられたドロを、お花のエネルギーで浄化して、持って生まれた魂の本質にもどりたい。生きやすさを感じられるように。

見放されたショック

ここ数年はアロマから離れていたのですが、急に思い立ちオイルを買ってきました。
で、選んだのはコチラ↓
生活の木 エッセンシャルオイル レモン 10ml
以前この香りを嗅いだ時、トイレの匂いを連想させる香りっぽくて嫌だったのだけど、今日は何故かスッキリして落ち着く香りだなぁと思いました。
はじめはユーカリを買うつもりだったのですが、やっぱりレモンを買って正解です。



帰宅してアロマテラピー事典を開いてみたら…
『レモン』の香りは、心を浄化して強い意志を与えると記載されてました。
本当は自分の気持ちに気付いているのに、怖さ、リスク、デメリットがネックとなっている。
本心に従えば、人生はもっと楽しくなるはずだと分かっているのに…
精油からのメッセージに、ドキッ!とした。
実は最近、ずっと考えていたことだったのです。



そして何故か泣きたい気持ちになってきて…
アロマテラピー事典をよくよく読んでみると、余計な感情がすべて浄化されてなくなっていくと書かれてた。
いゃあ〜アロマって侮れませんね、『レモン』の香りに吸い込まれるかのように買ってみたけど、今の心情にピッタリ当てはまる香りだったとは…
あ、だからアロマセラピーって言うんだろうね、笑!



フラワーレメディー「オーク」15日目。
誰も私になんか期待していないのに、自分が、自分に、期待していたのかもしれない。
いや…、本当は期待して欲しかったのか?
期待して欲しかったのにしてくれなかったから、じゃあ自分が自分に期待しよう。そう思ってたのか(?)。



もっと分かりやすく言うと期待して欲しかったのではなく、見捨てられ、呆れられ、期待外れだったと言わんばかりにガッカリされ、相手にもされず(無関心)、そういうことに本当はとても傷ついていたんだと気がついて、そしたら胸が急にザワザワして何かがいっぱいに溜まってきて、そのうち泣きたい気持ちになってきて、泣きたいんだけど泣けなくて、いま泣いたら号泣しそうでそれが怖くて泣けなくて、なんか知らんけどそんな気持ち。



で、誰が私にそういうことをしてたの?って。
直ぐに分かった。父だと。



(ごめん、、、今にも泣きそうだよ💧)



私は、人に見捨てられることが怖かった。
「あ〜、コイツは駄目な奴だよな」って思われたくなかった。
とにかく相手をガッカリさせたくなくて、ガッカリさせないようにしなきゃいけないって自分で自分にプレッシャーを掛けて頑張ることをしてきた。
ギブアップしたいのにしないでうんとうんと頑張っても、周囲は私の頑張りなんか誰も何とも思ってない(やって当たり前、好きでやってるんでしょみたいなかんじ)。
そこが腹立たしかった。
(いや…、それ当たり前ですから↑私が勝手に頑張って我慢してただけで、周囲は私になんか期待してませんから、笑)



なんでこんなに辛くても苦しくても我慢して頑張ってたんだ?って、やっと分かった。
父に見放されたことが、相当ショックだったんだ。
私が若い頃から感じていたのは、「見放されたくない」という思いだったんだけど、その全貌がここで明らかになった。



父に見放されて悲しかった、ショックだった、傷ついた、見返してやりたかった、復讐してやりたかった、憎んだ、恨んだ、馬鹿にした、哀れんだ、不幸になることを望んだ、、、、



けど、ここから先は今までのような頑張り方はしないと思う。
「しない」じゃなくて、「する必要がない」。
そして「できない」と思う。
気づけたから…



今日は次のレメディーを買いました。
「ロックウオーター」です。
(これじゃあスターオブベツレヘム買えば良かったか)