〜トラウマのしっぽ〜

バッチフラワーレメディーの経過を綴っています。幾重にも塗り重ねられたドロを、お花のエネルギーで浄化して、持って生まれた魂の本質にもどりたい。生きやすさを感じられるように。

批評とか批判とか否定とか…

フラワーレメディー「ホワイトチェストナット」12日目。
なんか疲れちゃった。



人から言われたくないから(否定論)、そのために自分を犠牲にして(本音に背いて)、やりたくもないことを無理してやっていたことに気づく。



人には、その人の価値観や思考癖があり、そこからその人なりの意見というものが出てくるんだと思う。
そして、その人なりの経験から助言のつもりで言ってくるんだと思う。
それは↑今になって気がついた。



けど、世の中の一般論から外れないように、その人なりの意見を聞き入れ振り回されて、言うことを聞いていたのは批判も否定も嫌だったから、みんなと同じくが普通だと思ってきたから。



もう、嫌だ。
そんなのは嫌だ。
何からも自由になりたい!
誰かに、何かを言われたくないからって、批判されないようにそればかりを意識して…
誰に何を批判されても良いじゃんか!人は、言いたいことを言う生き物なんだから。
もう、疲れちゃった。



ああだこうだと周囲の言葉を気にして、悪く思われないようにとそればかり気にして…
これを書きながら気がついた…、母だ。
母は自身の経験から助言のつもりだったのだろうけど、毎度毎度その繰り返しじゃ私には自由がなかったんだ。
選択する自由、行動する自由、すべての自由。



母の目を気にして、父の目を気にして、親から批判されたくない、されないように、そればかり意識して…
自由に、自分の意思で選び取る、自分の意思で行動する、たとえ結果が悪くても結果に捉われないようになりたい、なりたかった。



(親の)否定も批判も受けたくなかった。
うんざりだった。
もう、周囲の意見なんか気にしたくない!
私は、私の道を進むために進めるように自由になる、なりたい。
人の目や、人の意見、それを怖れてグルグル思考の癖があったんだな💦💦💦

人の評価を怖れて、自分の意思を殺してた。