〜Bath Flower Remedy〜

お花のエネルギーで、こころを癒そう。私の好転反応の記録です。

一方通行の不満

フラワーレメディー「ビーチ」6日目。
何をしても楽しくない。
満たされない、つまらない。
ここに気付いた時↑、何処にいても何をしていても同じだなって思った。
結局は、自分が変わらなければ何も変わらないってことですよね。



減点方式、ひき算。
考え方が減点方式なんだってさ。
あるモノから引いて引いて(ひき算)、引いていくんだねって言われたことがあったことを思いだした。
(自分はその考えで此処まできたし、それが私の「普通」だったから気づかなかったけど)



モノの見方や捉え方に偏りがあるんでしょうね。
分かるような気がします。
それが、一方通行の不満を溜め込む要因になってるのかもしれないなって、ふと思いました。
そこには相手との言葉のやり取りもなく、気持ちの交流もないんですよ。一方通行なの。



今日、ふと思いました。
何をしても楽しくない、満たされない、つまらない、その穴を埋めてくれるモノを探して来たけど、その穴は「人」でしか埋まらないんだろうなって。
べつのことで埋めようとして来たけど、なかなか埋まらなくて埋まらないどころか逆に追加の穴を開けることになってしまって傷ついたり、、、



今回、友達と再会したあとに思ったんだけど、やっぱり思ってることを口にしないと関係がギクシャクしたり不満に思ったりしてしまうんだなって。
ハッキリと口にしないことで、相手に誤解をさせてしまうんですよね。
気を遣ったつもりでも、相手にとってはマイナスに受け取られ望まぬ方向に進んでいくんだなってことも感じましたね。
大事にしたい相手ならなおのこと、本音を伝えるって大切なことだと感じました。



もしかすると私は、彼女のことを誤解していたのかもしれません。
彼女は私を傷つけたくなくてしたことも、私には悲しく感じていたんです。
ハッキリと口にしてくれない彼女に対して、私は怒りさえ覚えてこのまま関係を終わらせても良いとさえ思っていたことも事実でした。



だけど再会した時、私は思いました。
なぜ彼女がそういう態度で居たのかが、おぼろげに分かった気がしたの。
余計なことを口にしない彼女のことだから、きっとそれだけ色んなことがあって精神的にいっぱいいっぱいだったんじゃないかと。



(私は)少し反省してしまいました。
目に見えることのない普段の彼女の暮らし、そこを除外してたことを。
こうだ、ああだ、と、言ってくれる相手なら私もへんな推測はしなかったと思うけど、そうじゃないがゆえに、、、



今回の再会で感じたこと。
彼女は、私のことを、まるで妹を見るかのような眼差しだった。
(きっと前世では、姉妹だったんだろうなぁと思いました、笑)
これで終わりにしてもいいやって思っていた自分を、恥じた。
自分の誤解を解くことができた今回の再会は、本当に良かったと思いました。



これこそ、一方通行の不満を溜め込んでいたんだなって、、、