〜Bath Flower Remedy〜

お花のエネルギーで、こころを癒そう。私の好転反応の記録です。

(姉の)声が聴こえてくる

フラワーレメディー「ラーチ」4日目。
私を批判する姉の声が、頭の中で何度も何度も私を襲う。
私がどれほどダメな人間なのかを、私に知らしめるため批判を繰り返した姉の言葉が、未だに私を苦しめる。



あんたに言ってあげられるのは私しかいない。
他人は言わないから。

如何にも貴方のことを思って、これは愛情から言ってあげてるのよ!だから感謝しなさいと言わんばかりに、嫌がることを繰り返し言ってきた。



私には、愛は感じられなかった。
それどころか妹虐めに思えた。
ズタボロにされ、自信を失っていった。
未だに姉の言葉を忘れることが出来ない。
何年経っても、何度も何度も私を苦しめる。



姉の目論見は、私の自信を失わせイキイキと暮らすことが出来なくなるように仕向けることだった(姉が、私に嫉妬していることは私は薄々気がついていた)。
すべては姉の、私に対する嫉妬心が原因だと分かっていても、あれだけケチョンケチョンにされては私だって気落ちする。



姉は、私にないものを誇張した。
私にないもの、、、それは子供。
ある時は子供に関する自慢、ある時は子供を通したママ友の自慢、結婚して直ぐに妊娠出来たこと(私はたぶん、不妊症?)等々。
ま、学生時代から子供は要らないと決めてたので、妊娠に関してはべつに気にしてない。初めから妊娠希望がないのだから。
ただ、実の姉がそういうことを言うってことに、私はショックを受けた。
この人、そういうことを言う人なんだなって。



なんかさ、思いだすと私の自信を失わせることを繰り返し言ってくる人だった。
母が他界してから、私のほうが先に距離を取り始めたし、それを姉も悟ったんでしょうね、連絡して来なくなった。私は、それで良いと思ってるし、それが狙いだった。
なので音信不通になって数年経ちます。
兄弟(姉妹)は、他人のはじまり。本当にそう思うよ。
昔の人は、良いこと言ったもんだよね!



強迫観念。
「〜〜しなければならない」、そこに縛られてるなぁと思う。
だから、自分を責める自分の声も聴こえてくるし、自分を見張る自分の目も感じてる。
姉から批判されなくなったのに、今度は自分が自分を批判して責めてるんだよね。
姉の声と、私の声が、重なりあってそれが私を苦しめる。