〜Bath Flower Remedy〜

お花のエネルギーで、こころを癒そう。私の好転反応の記録です。

あゝ、お金さえあれば、、、

フラワーレメディー「ラーチ」6日目。
「生まれ」についての劣等感。
(宿命だから)こんなこと思ってもどうしようもないのだけど、裕福な家庭に生まれて来たかったとつくづく思うこの頃。



お金持ちの家に生まれたら、幼少の時から色んな体験をさせてもらえる。
才能があれば、それを伸ばしていけるだけの環境を提供してもらえる。
進学だって、お金の心配をしないで行きたい学校に行かせてもらえる。
資格の中には、大学に行かないと取得できないものもあるけど、上の学校に行かせてもらえるだけの余裕があれば行くことも出来る。
就職にしても、やはりそういったレベルの人間たちが集まる場所では、知り合う人種が変わってくる。
生まれた時から大きな後ろ盾があるか否かで、体験も環境(の提供)も、自分が行く場所も、知り合う人間たちも、何もかも違ってくる。



負の連鎖。
お金がないから進学させてもらえなかったという父。
私たち姉妹も、やはりお金のことで進学を諦めたというか諦めざるを得なかった。
私がお金さえあればと思う原点は、お金がないから進学させてもらえなかったことで自分が望む方向からドンドンドンドン掛け離れた自分になって行ったからなのかもしれない。
これこそ「負の世代連鎖」だなって思う。



父は、お金のことでかなり悔しい思いをしてきたようだけど、結局その悔しさを私たち姉妹も味わうことに繋がっている。
お金がないことの悔しさなんか、引継ぎたくないわ😒
今度生まれてくる時は、セレブな家庭に生まれてきたい!!
「ラーチ」を使い始めて、やたらそんなことを思うようになった。



べつに贅沢な暮らしがしたいわけじゃない。
海外旅行、ブランド品、高級車、豪邸、そんなもんが欲しいわけじゃない。
ただ、、、ただね、お金がないことで芽を摘まれてしまったんだなって気持ちが拭えない。
私だって進学できたかもしれないとか、私だって環境が整ってれば(環境の提供)興味を持った習い事やらを伸ばせていたかもしれないとか、資格を取ってそれを職業にしてたかもしれないとか、どうしても思ってしまうの。



分かってる。自分は子供じみたことを思ってるってことを。
きっと、どこかで「私の人生、こんなはずじゃなかった」って思ってるんだろうな。
あ〜あ😫😫😫そんな気持ちが付き纏う。
行きたい方向に行けなかった、進みたい方向と掛け離れた人生。
あゝ、お金さえあれば、、、苦笑。